全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
とりあえず四球病は治ってないけど
今季は松井本人のみならず
チームも開き直って
一軍で育てましょう。

6月19日広島
C6-2E
勝ち前田
敗け松井裕

なにせ
圧倒的最下位ですからね。
ま、でも
完全にペナントあきらめろ
とまでは言い切りません。
がしかし
「戦力不足」で
このていたらくなので
若手登用に慎重になる理由もない
とも考えられますからね。

あえて松井裕樹の内容には
触れません。

AJとボーカーが
打たなけりゃ敗け
みたいな雰囲気の打線ですけど
やはり
「投げたくてウズウズしてた」
とか言ってたマエケンが
満を持してわざわざ「中14日」で
自軍にあたってきた
と。

この意味を
選手はもとより
ベンチも考えましょうよ。

完全に舐められてるわけですから。

この前の菅野と一緒で。

確かに8イニングとおしてみれば
マエケン破綻なく無難に投げたんでしょうけど
病み上がりの中14日
って部分で
つけいる隙も何回かあったわけです。

そこで変にエンドランで裏目、
犠打も裏目、
犠飛で余計なランナーも走って
AJの前で攻守交代
とか
目が点になりましたよ。

そういった逸機も酷かったし
いわゆる「やらずもがなの失点」も
捕逸だの守備位置それでよかったの?だの
何やってんの?
のオンパレードでしたね。

ヒットはなかったけど
とりあえず戻ってきた銀次は
スイングを見た限り
怪我の影響はなさそうだし
あとは枡田にも復帰してもらって
スタメン3番嶋9番森山とか
そうゆう苦し紛れのラインナップを
早いところ解消しましょう。
それ以外に糸口ないでしょう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック