全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
人それぞれだとは思いますけど、
シンガーソングライターを標榜して、
無から有を生み出す
的な
活動をしているわけでして、
私も「創作ノート」みたいなのは使ってます。
コクヨのキャンパスノートのA6のちっちゃいやつです。
で、これは「創作」に限らず
日常のあらゆることの「メモ」にもごっちゃにして使ってます。
聖蹟桜ヶ丘駅のバスターミナルの時刻表とか
自宅近くのバス停の時刻表とか
二度買い二度借りを防ぐために
コンテンツ名というかソフト名を記入したりとか
初めて入った居酒屋さんで初めて呑んで美味しかった
日本酒の銘柄とか
まあありとあらゆることを記しております。
そんななかに
歌詞やあるいは曲のタイトル
に使えるんじゃないか?と思った言葉が
アトランダムにまぎれているわけです。
それをあとから見返してみますと
当然のことながら「泥酔」時に
あははははは
と勢いで書いたものもあるので
我ながらよくわからない
ってのもあるわけです。

鼻のふち→馬油
と書いてある下に
治外法権の酒場
などと書いてあり、
鼻のふちが切れて出血した時には
馬油が効く
のは判るんですけど
「治外法権の酒場」って何?
みたいな。
ハート様がケンシロウにやられる酒場
のことかな?
みたいな。

それはそれとして
最近は
「治外法権の酒場」
のような短い語句ではなくて
ある程度の「文章」になっているものが
多く混じるようになってまいりました。

「君はぼくに笑いを期待しているのか?
残念だがそうはいかない。」
とかね。

これは一種の「プレイ」のことなのか?
とかね。
ほんと自分でもよくわかりません(笑)

あとから読んでわかりやすい例は
「3番人気のワンアンドオンリーが優勝!」
ってやつですね。
これはツイッター投稿もしましたけど
「ワンアンドオンリー」なのに
「3番人気」なのかよっ!
という気持ちがよくあらわれていますね。

ま、そんな感じで
わかりやすかったりわかりにくかったりの
言葉の羅列の海を彷徨って気づいたのは
自分は「詩」よりは
「散文」向きなのかな
と。

言葉数少な目

気の利いたことをいう
ってのは
ほんと難しいなあ
と思う今日この頃なのであります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック