全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
呑み会でのしゃべりの才能
さて個別具体的な詳細情報は
一切出しませんけど、
学生時代
会社員時代
を振り返ると
呑み会でずーっと笑いをとりつづける
しゃべりが達者な人って何人か皆様の周囲にも
存在したことと推察いたします。
自分も最初のうちは「若気の至り」というか
負けたくないという対抗意識とかもあって
張り合おうとしたこともありました。
が、すぐに
これはもう才能の問題だ

気づきまして
完全に「うなづき隊」側にまわって
ほんとに「うなづいて誉めるのみ」に徹し、
当意即妙なツッコミを入れよう
というような努力も完全に放棄してました。
しかしそうゆう方々は空気読むのも上手ですから
あ、完全にこいつやる気ないな
と気付くと
即、なんか面白いこと言え的な
きょうびの用語でいうところの
無茶ぶり
を仕掛けてくるわけですよ。
で思いますに
自分のようなド素人は
そういう場合の「打率」
2割五分くらいでいいかな、と。
「いやいやいやわたしなんか
そんな面白いこととか全然無理ですよ」
と固辞し続けるのもちょっと気が引けますし。
で、まあほんとに大体2割五分くらいだったと思います。
「無茶振り」キャッチしてなにごとかのリアクションを返して
かろうじて「笑い」が続いた確率を思い起こすと。
7割以上は
一瞬の静寂の後
「はいじゃ次いってみよう」
ってなことになってたような(笑)
若かりし頃はそうゆうことで
多少がっかりした気持ちになってたりもしたんですけど
30過ぎてからは全く意に介さなくなりましたね。
そうやって人は
「面の皮」が厚くなってゆくのでしょう。

ちなみに
呑み会のしゃべり

ライブのMC
とでは
全然別なもの
って気はします。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック