全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
久々の楽勝ですね。
7月8日仙台
E12-5F
勝ち宮川
敗け武田勝
西田4号西川7号

というか
ほぼ3週間ぶりの本拠地
ってどうゆう日程なんだ?
とも思いますが
まずは初戦とれてなによりでした。
イーグルスの数少ない「若手ロマン野手」部門の
西田もこれが本拠地初ホームランってことで
おめでたいかぎり。
で大久保代行も本拠地初采配初勝利
と初物づくしですね。
とりあえず大久保采配の「松井裕樹初勝利」に次ぐ
「ヒット作品」として
「松井稼頭央1番起用」も来ましたね。
まるで西武時代の松井か?みたいな。

で初の「勝利監督」インタビューも見ましたが
よくしゃべりますね。
とりあえず「選手は絶対にくささない」系のようですね。
あとは各種掲示板で多数挙がってた感想と一緒で
「まるで自己啓発系ビジネス本のノリだ」
と私も感じました。
よくもわるくもこのようなノリの「監督インタビュー」は
初めてみました。
本人がそうしたいならそうすればいい
としか私は思いませんので、
否定も肯定もしません。
まとにかく
「面白い試合」をしてくれれば
文句はいいますまい。

でなんとなく
活気はでてきたような気はします。

そして次が「対大谷」。
真価が問われる戦いですよ。

ただ雨の気配濃厚ですけど。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック