全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
究極というか至高というかそんな試合
負けましたけどね・・・・・・

7月9日仙台
E1-2F
勝ち大谷
敗け辛島
ミランダ10号

大谷自己最高16奪三振

野球界全体にも
衝撃波が走った試合だったわけですが
よくまあ初回に1点とったなあ
と。

で、辛島が
辛島史上最高
に近い投球だったわけです。

掛け値なしの
ほんものの「投手戦」でした。

さんざん野球みてきましたけど
こんな試合はほとんど見たことないです。

何が凄いって
途中雨で中断があったけど
試合時間3時間切ってて、
大谷16奪三振1失点完投だけど
113球しか投げてない
と。

昔、松坂ー岩隈の所沢で
1X-0で西武が勝った試合があって
それが個人的に「最高の投手戦」だと思ってましたけど
完全に超えましたよ。質的に
あの時はスコアの割にダラダラ4時間以上かかってたし。

昨日「大久保体制の真価が問われる」
と書きましたけど
そうゆう問題じゃなかった試合だったと思います。

確かに2死無走者から捕手小関に代打ラッツ

次の回捕手嶋で決勝点
ってのは
流れ的に印象よくないですけど
それは結果論でしょう。

単純に大谷が凄すぎたとしか言い様がないっす。

ただやはり
4三振のAJの
「好球見逃し」癖
ってのも敗因だったかな
とは思います。

しかしそれもいまさらどうにもならない話なので
さばさばと割り切るしかないでしょう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック