全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
派手で「収穫」もあったとはいえ
なんで負けてるの?
ってゆう試合でしたね。

7月10日仙台
E6-7F
勝ちクロッタ
敗け福山
大野5号中田15号小谷野2号
ジョーンズ17号ラッツ3号

「収穫」はラッツが戻って
打線全般「大谷後遺症」に陥ることもなく
活発だった
ってのと
松井裕樹2イニング完璧であわや2勝目
ってのと
クルーズ危なかったけど結果オーライで無失点
ってゆうところですかね。

まあ結局終盤の攻撃で
勝負をかけた代走とか出し過ぎて
延長にはいったら非力な打者しかいなかった
ってのも敗因のひとつではありましょう。
ベンチが悪いとも考えられますけど
勝負所で打てなかった方も悪いし
なんとも言えません。

というか
先発転向後の2試合
自責ゼロできてた青山が
先に援護してもらっておきながら
なんでこうもあっさり5失点とかしちゃうの!!??
ってのが一番の敗因ですね。

こんな形でカード勝ち越しを逃しているようでは
先行き思いやられますよ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック