全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
オタク気質は十分持ち合わせていたのに
齢50を目前にして
生まれて初めて「中野ブロードウェイ」を
遅ればせながら訪問したという
「いまさら」感は何故か?

ま、簡単な話
「マイナー」な分野のオタクだからだろう。

今回は漫☆画太郎先生の個展目当てだったわけだが、
もしこの個展が開催されてなかったら
うっかり「生涯一度も中野ブロードウェイに行かず」
だった可能性もあった。

自分がオタク的に精通しているもの
というかその作者のリリースした作品の
大半を所有しているという観点で
「私はOOオタクだ」
と言い放つことができるとすれば
以下の人物や団体である。
中森明菜
井上陽水
ギルエヴァンス
谷岡ヤスジ
漫☆画太郎
NPB(特にパリーグなかでもイーグルス)

ということで、
これらのコンテンツは
中野ブロードウェイ的風味
はあまりない。

「私残酷ですわよ」とか
作品世界から引用させてもらった
荒木先生は「ジョジョ」が長大になってからは
追いついてない感じ。

というか
谷岡ヤスジ作品なんかは
中野ブロードウェイの古書店くまなく回ってみたけど、
2冊しか売ってなかった。
もちろんその2冊とも私は所有しているので
やはりどう冷静に考えても
私の「ヤスジコレクション」は日本国内でも
かなりなレベルだということはわかった。

あ、そうそう
あと上で記すの忘れたんだけど
立花屋菊太郎作品

中野ブロードウェイでは
全くみあたらなかった。

なので私の「立花屋コレクション」も
日本有数だろう。
ずんどこ女子高生

D-CUPハイスクール

べらんめい父ちゃん
の全てをおさえているのは
日本広しといえども私のみであろう。

ということで
自分もかなりの「オタク」なんだ
ってことに気づいた。

範囲は異様に狭いですけどね(笑)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック