全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
夢中で読み終えた
蝸牛庵訪問記 (講談社文芸文庫)
小林 勇
講談社
売り上げランキング: 550,604

とりあえず、私は故谷岡ヤスジ氏を
人生の師匠
と勝手に仰いでいるんだけど、
なにしろもう故人だし、
当たり前のように
生前接するような機会もなかった。
なのでこの本の
「師と仰ぐ人物との日々」
って実にうらやましく思えた。

シンガーソングライター
としての自分は
専門教育も受けてないし、
無手勝流の度胸経験勘だけで
やってきてて
いままではそのことを
「誇り」に思ってきたし
音楽の師匠なんて
いなくてOK
くらいな感じだった。
もちろん
いままで聞いてきた全ての「音源」が
師匠だった
とは普通に思う。

ただそれはそれとして
おれは誰にも頼らず一人で生きていくんだ!
的な
思い込みはかなりあった。

そして
それは「思い込み」だったんだな、
と50手前で気付くわけです。

気づくの遅くない?
って
いわれりゃ
すいません
としか言い様がないです(笑)

べつに
専門教育とかの重要性
とかを説くつもりはないのです。

お笑い芸人さんや落語家さんの
徒弟制度はやはり重要だ
と力説するつもりもないのです。

ただただ
自分が「真に尊敬できる人物」と
直接
しかも
長期間触れ合う
という体験は
得難いものだ
と思いました。

そして
この本の場合
「師と仰ぐ尊敬すべき先達」が
衰えていく様子
あるいは
愚かな行為に及ぶ様子
なんかも
克明に記されてるので
なお胸を打たれました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック