全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
いまは普通に強いです。
9月2日札幌
F4-7E
勝ち福山
敗けクロッタ
Sファルケンボーグ

ややシーソーゲーム的な展開で、
7回表に追いついたんだけど
その裏すぐ2点勝ち越されても
全然余裕な試合運びでした。
ちょっと前までなら
「折角福山投入したのに水の泡かよ」
ってうなだれてそのまま終了
みたいなムードだったんですけど、
打線は落ち着いてますね。
というか球がよく見えてる感じです。

まあ7回表をもっとビックイニングにして
松井裕に勝ちをつけたかったところですが。

その松井裕
6回2失点は
まあそこそこ仕事したとは言えます。
結果チームは勝ったし。
ただまあ8番9番の下位打線に
出塁されて
それがそのまま2点
ってのはまだまだ「勝負勘」ってものが
ないってことでしょう。
がしかし「18歳」ですから
目をつぶります。
相変わらず三振は取れてるし
開幕当初「一塁走者フリーパス」
だったのが
いまは「盗塁王」西川でも
防げてますから、
それだけでもかなりな「成長」ですよ。

で次は
嫌がらせのように
満を持しての大谷
ってことで
ここは是が非でも
ギャフンと言わせたいところです。

勝負事は舐められたら終わりですからね。

他のチームに
「ローテーション崩してエース投入とか
いまのイーグルスには無駄無駄」
と思わせたいところです。

対大谷
確かにハードルは高いとは
思いますけど
「今季初」の「4連勝」も
懸ってますし、
塩見と打線の奮起に期待します。

尚、「引退表明」の稲葉に関しては
「やられた記憶」が多数あって
いまはまとめられないし、
残りシーズンもベンチ入りってことらしいので
シーズン終了後に何か書きます。
「稲葉」=「トラウマ体験」みたいなところ
ここ10年くらいさんざんあったし(笑)


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック