全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
試合ごとに味わいが違ってどれも面白いうえに
今季初5連勝!
言うことなしですな。

9月20日仙台
E3x-2F
勝ちファルケンボーグ
敗けクロッタ
谷口2号

前日に続き
先発菊池と吉川の好投で
基本、投手戦の様相。
菊池は前の試合「大炎上」で
「やはり菊池は菊池だったか」
と思わせるものがあったんだけど
それを完全に取り戻す内容。

今季あまり勝ってない吉川も
これまたものすごく内容の濃い投球。

で自軍1点ビハインドの中盤5回で
またしても
バントミスで併殺
ってゆう「最悪」の雰囲気を
この試合では嶋がまた作ってしまう。

しかし菊池は淡々と7回まで
1点のみで抑えきる。

で何故か吉川から谷元に変わった7回裏
スコアは変わらず0-1の1点ビハインドで、
銀次ヒット枡田四球、
無死1,2塁。
どう考えてもバント
ってところで
松井稼に代えて「ピンチバンター」の森山。
こうゆう采配
かなり珍しいんですけど、
ここで来るかあ
みたいな。

ここで森山が決めるんですよ。
鮮やかに。

一軍、二軍を頻繁にいろいろな選手が
行き来するこの時期、
つまりは「来季」どうなるのか?
的な感じの起用が多発する時期
でもあるわけです。

森山もそのへん
わりかし微妙な立ち位置でして
ここまで打席数もそんなに多くない、
と。

で、「犠打成功」期待の代打起用、と。

しかもここ2試合
「犠打失敗しかも併殺」多発の状況
と。

マジで「値千金」のバント成功でしたよ。

で、嶋が惜しい当たりの二直で倒れたあと、
西田がシブく逆転中前打!

この時点でお立ち台西田&菊池&森山
かなあ
と思ったんだけど
8回表菊池に代わった福山が
谷口に被弾で同点。

延長もにらみ、
先に点取った方が勝ち
の「2-2」の状況で、
宮西とファルケンボーグはきっちり仕事して
9回裏をむかえるわけです。

そこで先頭打者は森山。
相手は「剛球」派のクロッタ。

で、
スタンドも実況解説も期待してた
「絵にかいたような汚い内野安打」
で出塁するわけです。

あはははははは
って感じでしょうか。

しかも2盗3盗成功して、
島内の
これまた「汚い」感じの
1塁越えのタイムリーで
サヨナラのホームを踏む
と。

関根潤三氏が
「きょうは森山の日だったね」
と言いそうな
森山&島内のお立ち台
になりました。

実にシブい。

島内&森山
のお立ち台
はどちらも慣れてないし
見た目も地味なので
「金の卵」
として
蒸気機関車が引く車両に乗って上京した
集団就職の若者さながら
でした(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック