全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
さすがにもう3位は無理かな、と
9月27日仙台
E3-4L
勝ち増田
敗け横山
S高橋
脇谷2号中村33号

なんというのか
淡々と普通に負けて
「終わった」感ありますね。

同日ファイターズがバファローズにサヨナラ勝ちしてますし。

さすがに残り試合数を考えても
確率的にゼロではないにせよ
実質終戦だと思います。
「CS」に関しては。

ま、それでも456位争いもありますんで
そこそこ熱心には見ますよ。

バファローズも痛い敗戦だったので
10月6日が「アツい最終戦」になる可能性も
かなり薄くなりましたね。

ま、それはそれで仕方ありますまい。

ということで
9月27日は
今季のパリーグにおいて
最深部での分岐点だったと思います。

さて肝心の試合そのものですが
横山、三振はいままでで最高数奪って
ああ、そうゆうことも出来るのか
とは思いましたが
そうなると逆にテンポは遅くなるし
なんとも微妙でした。
相変わらずの「被弾癖」発揮してたんだけど
2発ともEウィングのフェンスギリギリの当たりで
思わず「岡島捕れよ」って言っちゃいました。
が、まああれ捕るのはよっぽどじゃないと無理(笑)
そこからは立ち直って試合作って、
味方が追い付いた直後に
中村のタイムリーツーベース
ってのは残念でした。

で、攻撃陣は最終回の
痛恨の「守備妨害による併殺」も含め、
5番嶋の「フルカウント」の場面で仕掛けまくって
その全てが失敗に終わったということで
非常に後味の悪い敗戦でしたが
まあでもその「仕掛け時」そのものは
まちがってはないと思いました。
最初から「ギャンブル」のつもりでやってたのは
誰の目にも明らかだし。
ベンチも嶋も責める気にはなりません。

この試合に関しては
1,2番と7番松井あたりで
あと1本出てればなあ
ってところでしょうか。

ま、そうゆうことで
「手に汗握る」感は
ほぼ皆無になりましたが
今後の数試合も
則本、銀次あたりの動向を中心に
あたたかく見守ってまいります。

というか
「最下位」か否か?
ってゆうのもあるし。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック