全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
それほど深くもないし痛くもない告白
さて、
昨今「読書」に集中って書いて
奥泉光氏の東京自叙伝
にも触れたんですけど
ネタバレ
にならないように
書きますけど
あの小説のなかの
第5章戸部みどり

ものすごく
自分としてはリアルでして
戸部みどりは
1963年生まれのバブル世代女子
という設定になってて
ほぼ同世代なんですけど
同じバブル世代であるけれども
自分は全然別の生活パターンでした。
というか間とタイミング
なんでしょうね。
戸部さんは
バブル崩壊後

パチンコとかその他ギャンブルにハマる
と。
自分の場合は
バブル全盛期に
パチンコにハマってて
世間一般の
「バブル崩壊」の後、
「パチンコバブルの崩壊」まで
そこそこ時間があったので
それが功を奏して
戸部さんみたいな
悲惨な人生にならなかったのかも
って思いました。
とかこれ以上細かく書くと
ネタバレになるんで
ここいらで止めておきます。
みなさま
奥泉光先生の「東京自叙伝」
どうぞご贔屓にw

で、とにもかくにも
バブル末期の
ディスコで「白服」として2か月働いていた
のは間違いないのでして
なにが一番強烈だったかというと
男子従業員なんだけど
「女子トイレの清掃」
もする
と。
女子従業員
がいないので。

で、そうゆう状況ですから
男子従業員がトイレ清掃を
してますよー
ってゆうエクスキューズも
もちろん出すわけです。

でも
そこはディスコですからね。

ものすごい「剛の者」とか
ガンガン来るんですよ。

ですけど
一応妻帯者として
操は立てました
とだけ言っておきますw

というか
妻帯者であろうがなかろうが
ディスコで野獣化した女子

まあ
ナシだな
と。
ただそれだけですね。

いやほんと
単純に
「命の危険」感じますもの。

まあそれが
「炎こがす恋」なのかもしれないし
なんとも難しいところですね。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック