全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
秩序と逸脱
前々回の投稿で、
パチンコ店の防犯カメラシステムがらみの件で
店舗の現場
ってものは思想が右寄りになりやすい
というようなことを書きまして
それについては何も変更や訂正をする気はないんですけど
何度も申し上げますように
私自身はノンポリ無党派層でございます。
とだけ強調し
今回はまたNHKの番組を見て思ったこと
というか思い出したこと
をグダグダと書きます。

教育テレビの「日本サブカルチャー史」の最終回で
宮沢章夫氏が
サブカルチャーとは逸脱である
と定義づけてて
なるほどなあ
と思ったわけですよ。

と申しますのも
現在「シンガーソングライター」を標榜しながらも
なんというか
「ま、自分はサブカル側の人間じゃないな」
とかいつのまにやら感じるようになっていた
と。

よくはわからないんだけど
もしかしてただ単純に
加齢によっていろんなことが面倒くさくなってきて
「もう勧善懲悪のわかりやすい時代劇があればそれでいいよ」
ってなってきてるだけなのかもしれないしw

「逸脱」って
なんなく逸脱できてるときは
ほんと特になんの労力もなく出来てる感覚があって
まあ若気の至りなのかなんなのか
なんでもかんでもお茶の子さいさいですよこちとらそりゃもう
ってゆう風体なんですが
年を経るにつれ
逸脱?なにそれ?
めんどくさいんですけど
ってなってきてるんです。
私の場合は。
ま、しかしだからといって
若い頃に作ったハチャメチャな歌を
もう唄いたくないとか
そこまでナイーブな性格でもありませんw
それはそれ
これはこれ
ってやつですね。

一応学生時代は
普通に「スタジオボイス」とか読んで
「ぴあ」も毎週欠かさず買って
とかそうゆう生活していて
就職してからそこそこ忙しくなっても
ある程度そのパターンは踏襲してたんだけど
いつとは言えないけど
いつのまにやら
そうゆうサブカル風土からフェードアウトしていた、
と。

でその
「いつのまにやら」

「いつ」
を無理やり探ってみますと
2002年から2003年頃かなあ、と。

前にも別な話題で書いたかもしれませんけど
この頃「店舗内BGM」の有り様が変化したんですよ。
パチンコ業界にいましたんでパチンコ店におけるBGM
という意味で。

それまでは有線のヒットチャートのチャンネルを流すか
店舗スタッフが持ち寄ったCDを流すか
していたんですけど
その頃から「業界オリジナル音源」が徐々に色々出回るようになって、
そっちのほうをヘビーローテで流すようになったりしたような。
版権モノが全盛になってきてそれぞれにはそれぞれの音楽はあるし、
版権モノではないメーカー独自キャラの機種にはそれはそれで
「耳にこびりつく」オリジナル音源もこれまた豊富にあるし、
さらには「チェーン店」そのもののオリジナル音源まである、と。
なわけで
いつのまにやら
「外の世界の音楽文化」から
「勤務中」は
完全に隔離されてるような状況になってたような。

当時はそんなことは
あまり意識してなかったんですけどね。
「勤務中」は「勤務」のことしか考えてない
真面目社員でしたからね。
って信じる信じないはあなたの自由です。

ま、前々回の防犯カメラの件の投稿でも書きましたが
扱う商品がギャンブル風味なもので
外からは一見アウトローな職種だと思われがちで
実際、私が身を投じた当初は
身内にアウトロー風な方も見受けられることもありましたが
わりとすぐに「コンプライアンス」が叫ばれる世の中に移行して
もうそれからはずーっと
仕事といえばとにもかくにも秩序維持
なにはなくとも秩序維持
ってゆう日々でしたよ、ずーっと。

実際、そのゴト師を筆頭にした
各種犯罪行為なんかは日進月歩ですから
技術もあがるし件数も増えるし
みたいな。

ってことで
もはやサブカルどころではない
というような時間の流れにいた
と。

ですがやや矛盾するぶぶんもございまして
版権モノ
となるとあのエヴァとかも含まれるのでして
そうゆうのをお客様に好んで遊んでいただくために
業界人は有無を言わさず全員エヴァに詳しくなければならない
ってゆう空気もありまして
それはそれで抗えないものでした。

冬ソナDVD全部見る指令とか
北斗の拳全巻読破指令とか
あったような記憶が。

ってことで
業界で素直な心持で仕事してたら
ものすごい「オタク」になれたかもしれませんし
というか
いま業界で頑張って仕事をしつづけている皆様は
まちがいなくオタク的知識やらサブカル知識とか
日本国でもトップクラスの人がたくさんいると思いますよ。
いやほんと掛け値なしに。

ってことで
あれこれグダグダ書きましたが
私がサブカルやパチンコ業界からフェードアウトしたのは
何か他に原因があるのではなく
単に自分が面倒くさがりだから

ただそれだけのようですw


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック