全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
ジャージーボーイズ見てきました
「夫婦のどっちか50歳以上なら二人とも1100円」サービス
使って。

それはそれとして
「あのイーストウッドが遂にミュージカルを撮った!」
ってゆうようなふれこみだったんで
どんなもんなのだろう
と思ったんですけど
「いかにもミュージカル」ってほどではなく
実在のグループを題材にした「ミュージックドキュメント」
みたいな感じでした。
までも面白かったっす。

やはりその
「音楽の現場」
の空気ってのが伝わってきましたよ。

監督作出演作
幅広くとらえてみると
イーストウッド「アメリカ軽音楽」ほぼ全ジャンル制覇!
ってことになってきたんですかね。

ジャズで言えば監督デビュー作から
頻繁に使用されてますし、
御子息のカイル氏子役時代の作品では
「カントリー&ウエスタン」の世界を描いてますし
ダーティーハリーシリーズでは
フュージョン系サウンド多用のうえに
ハードロック系のガンズも出てくるし
で今回は「ポップス」ですからね。

個人的には
「真夜中のサバナ」の
まったり感がいちばん好きですね。
イーストウッドの「音楽多用」系作品のなかでは。

ま、とにもかくにも
日本でも今後
「ミュージカル」と断言してジャンルづけするしないはべつにして
「音楽映画」って増えてくるでしょうね。

時間芸術
っていう範疇なら
「音楽」と「映画」って
もともと親和性が高いと思います。

というか
「大御所」クラスの方々は
試みにどんどん映画作ればいいんじゃないかな
って軽く考えたんですけど
なかなかそうもいかない事情とかあるのかなあ
日本の芸能社会には
とか
ちょっと考えてしまいました。

全編筒美京平作品の豪華絢爛ミュージカル
とか
凄く見たいような気がするんですけど
それを阻むものが
日本社会にはある
みたいな。

つくづく残念です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック