全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
FBとツイッターでは書いたけど
変な終わり方だった日本シリーズに関しては
「変な終わり方だったなあ」
以上の感想ないっす(笑)
まあ今日あたり野球の試合ないのは
やや寂しい気もしますが
「スカパー10日間無料放送」期間でもあったので
逆に丁度よかったかも。
野球やってたら
「プリンスのPV一挙連続放送」のMTVとか
どう考えても見れなかっただろうし。

で話は飛んで
アップルの会長のカミングアウトの件です。
それについて
特に何の論評もするつもりはありません。
ただ
個人的に色々思い出した
ってゆうことです。

時間や場所は一切特定しませんし
まして個人情報なんかも全く出さずに
概略だけ書きます。
いろんな「店商売」の
ある一業種
とだけ言っておきましょう。

90年代初頭の頃に
「見た目は完全におっさんだけど
しゃべりはオネエ言葉な人材」だらけの
職場にいたことあるんですよ。

好き好んでそこに入ったのではなく
「研修」で行ったのです。
1か月。

で、さすがに人事担当の役職の方も
「そうゆう感じの職場だから」
って事前に教えてはくれました。

で現場にいってみて
「うわほんとにオネエ言葉だ!」
って初日から驚いたわけですけど、
意外にすぐ慣れました。
というのも
「店商売」って業種を問わず
やはりそのノリが「体育会系」というか
マッチョな思想が主流なわけでして
どっちかっていうとそれは自分の性格には
合ってないわけです。
「オネエ言葉」の皆様は
たんなる新人の若造に対しても
「丁寧な言葉」で接してくれるってゆうねw
そこは強烈に印象深かったですよ。
他の業種だと
「おまえこのばかまぬけ」とか
けっこう怒号が飛び交う経験したんですけど
ああ、ここはソフトな別世界だなあ
と。

さてそんな風に
「身内」にソフトな職種ではありましたが
では何故そこに居つかなかったのか?
と。

もちろん
「自分はオネエ言葉でしゃべるつもりは一切ない」
ってのが一番大きいんですけど
それに次いで
「お客様が怖い」
ってゆうねw
それに尽きます。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック