全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
収束したかに見えたデーブ批判復活
なんか今度は
秋季キャンプの進め方がブラック企業っぽい!
みたいな論調。

ここでも何度か述べましたが
元大阪近鉄ファンなので
関根御大を怒らせた場面を生で見たので
デーブへの批判はまったく無根拠な陰謀だ!
とかは思わないし、
自分としてはなんかやらかしたら
その都度ああだこうだというつもりでもあるんですけど
「秋季キャンプの細かい進め方」
って
じゃあ他のチームは報じられているのか?
ってのもありますし、
例年「秋季キャンプ」は薄く報じられこそすれ
休日がどうこう
実際の練習方法がどうこう
とか
そんなのあんまり見たことないです。
というかそもそも
ストーブリーグとか
キャンプ関連とかの報道は
そんなに根を詰めて見た記憶ないです。
個人的に。

あくまでシーズン中の試合
がメインですからね。

ストーブリーグで
好きな選手が贔屓チームからいなくなったとしたら
そりゃまあ寂しいですけど
まあ春以降なんとかしてくれ
としか思わないのが普通なのかなあ
とか思います。

デーブの場合
「疑惑のデパート」
鈴木宗男氏並みの扱いになってまして、
もちろんデーブ鈴木両氏に肩入れして
味方して地位と名誉を保全して差し上げよう
なんてゆうボランティア精神はございませんし、
元近鉄ファンとしてデーブ氏を擁護する動機は
全然浮かんでこないんだけど
なんかこう
この空気は解せないんですよ。
どうしても。

デーブはそりゃもう
ここまでのバッシング報道というか
過去の実際の悪事もあって非難轟轟ってことに
なってるわけですから
バッシング側の
「野球音痴の三木谷オーナーに
舌先三寸でとりいっただけの無能者」
という理屈もわからないではないんですけど
ほんとにそれだけなのか?
ってのは拭いきれません。

もしかしていろんな政治勢力の
いろんな思惑とか
からんでるのかな?
とか。

極端な例をあげて恐縮ですけど
奈良県の女子高生殺人事件で無罪になって
釈放された66歳男性が大阪で38歳女性をメッタ刺しにしましたよね。
昨日。

もうこれ
「司法」の信頼丸つぶれ
って話ですよね。

三権分立のうちの
「司法」がこの有り様ですからね。

ということで
元大阪近鉄ファンとして
デーブを積極的に好きになる理由は
全くないんですけど
「最高裁」ですら信用できない国家ですから
「一部マスコミ報道」とか
信じる理由が全くないです。
かといってデーブを信じる
ってことではないんですけどw




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック