全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
ライブの後は東京ドーム3連荘だったので
ここのところ更新滞ってました。

日米野球は
まさかのノーヒットノーラン試合も含め
まあ堪能できましたよ。
3日でホームラン5本に3塁打3本とか
派手さもあったし、
カノを筆頭に「これぞメジャーの内野守備」ってのも
随所にあったし。
ま、そのカノの骨折欠場は残念でしたけど。

WBCのたんびに「長打力不足」感が否めなかった
侍JAPANもそのへんはかなり解消されてきつつあるのも
良かったですね。
柳田山田中田筒香とか
同じ打線に名を連ねてるのは
なかなかに夢がふくらみますよ。
まだまだ皆若いですからね。

でまあなんつっても則本が最高でした。
ありゃメジャーだろうが宇宙人だろうが
打てませんって。


席も2階の最前列付近や
内野のポール際でフェンスが邪魔にならないあたり
で獲れたので言う事なしでした。

で特筆すべきは
MLB攻撃時に鳴り物がないんで
「打球音」が聞こえまくりで実に楽しかったですよ。
モーノーの本塁打も凄かったですけど、
プイグのツーベースの音と打球の速さも
印象大でした。
丁度目の前で超美技やってたし、
これまた若いので将来楽しみですね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック