全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
健さん死去については
ツイッター&FBでも触れましたので
ここではシンプルに
つつしんでご冥福をお祈りします。

でやはりその
アオイホノオで若かりし頃の庵野氏とかが
当時面識のないアニメ界の先輩を
「OOさん」とさんづけで呼んでしまうように
なんかこう「健さん」ってなってしまいますよ。

自分の場合は
昭和館地下
とかではなくて
千石の三百人劇場の「マキノ雅弘特集」回顧上映や
DVD在庫が最大限に豊富だったころの新宿ツタヤなどで
かなり「任侠もの」の「健さん作品」に触れました。
あとはスカパーもか。

何故そんなにハマったのかというと
やはり「谷岡ヤスジ」師匠の影響でかいですね。
ヤスジ師匠「次郎長もの」も画いてて、
当然「ギャグマンガ」ですから
「このへんで高倉健も怒り出すところだもんね」
みたいなセリフもガンガン出て来るんですけど
ああ、こりゃ任侠ものを茶化してるんじゃなくて
完全に愛してるんだな
とかひしひしと伝わってきまして
生ある限り任侠映画はたくさん見よう
と若かりし頃に誓ったわけなのです。
ま、もちろん健さん同様
50本超えてくると
ワンパターンさに飽きがきましたよ。
そりゃもう。
でもまあなんかちょっとした細部の進め方の違い
とか見つけると嬉しかったりもするので
余裕があれば延々と「未見」の作品探して見続けるつもりではあります。
ありますがずぼらな性格でメモもあまりちゃんととってないので
同じ作品二度見三度見続出になること必至!
みたいなw

いずれにしても、
「次回作」がないのは残念ですし、
あとFBで東映任侠路線以外で印象に残る作品として
「ブラックレイン」を挙げたんですけど
丁度封切りの頃に歌舞伎町の映画館で見た直後に
松田優作の訃報に触れた記憶が鮮烈に残っていたのです。
「高倉&鶴田」とか「高倉&池部」はいっぱい残ってるけど
「高倉&松田」はこれでもう終り!!??
というようなショックを受けました。
あとは「監督北野&主演高倉」が見られなかったのは、
ほんとうに無念で泣きそうになります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック