全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
歌の二人称
さて、
作風バラバラのシンガーソングライター
なので
当然「二人称」もバラバラでなんでも使う。
「君」「おまえ」「あんた」「おめえ」「おめいさん」「貴方」くらいかな。
ニューミュージック全盛期は「優しさ」の時代だったので
さだまさしが「君」以外の言葉を使っただけで
そこそこ物議をかもしてたような記憶があるんだけど
いまはもう「なんでもあり」の時代ですからね。
でふと気づいたのは
「おたく」って歌詞の中にはいってる歌ってちょっと思い浮かばない。
まあ、もう別の意味が強すぎるからかなw
あとややこしい二人称としてつとに有名なのが
大阪弁の「自分」なんだけど
それで思い出すのはやはり
「河内のおっさんの唄」の「ワレ」の使い方。
これ「自分」ってのと同じ意味ってことですよね。

で、昨今では
「ユー」ってのもあるみたいですけど
さすがにこれはちょっと抵抗感ありますね。
ダルビッシュ有の有と区別がつきにくいし。

ってことで、
昨日から一人称、二人称
について書いてるのは
たとえば
「君と僕」で統一する方が
世界観は固定化するし
聴いてるほうも混乱しないのかな
とかね。

でも私は
いろんな一人称二人称を繰り出して
人々を混乱させることにします。
今後もw

いずれにしても
文科省の指導要領改訂における
「英語教育早期化」
には
反対します(笑)

百害あって一利なし
ですよ
そんなもん。

こうゆうのこそ
ペンクラブあたりが速攻で反対すべきでしょう。
なぜそうしないのか意味がわかりません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック