全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
神秘化への誘惑
自分の場合は「芸名」ではあるけど、
シンガーソングライターとして、
最初にサイト開設してから10年以上たってて、
書きたいことを書きたいように
すでに書いちゃってるので
いまさら自分を「神秘化」するのはもう無理なわけです。
職歴、学歴、家族構成、年齢とか
詳細まではそりゃ明かしてませんけど
まあおおざっぱには
自分が何者であるか
ってのは書きまくってますね。
なぜそうしたのか
ってえと
そりゃもう
「自分の正体を神秘化すると
書きたいような文章を書けない場合もある」
ってゆうね。
それはヤだな、と。
で、最初のサイト開設当時は
「会社員」でしたから
自分の思ったことをガンガン書いて、
会社の上層部の人に閲覧されて
「文章」ですから解釈はどうにでもなるので
「おいおいおまえは会社を批判する気か!」
とか怒られて不利益を蒙る的なリスク
はもちろん頭の中にありましたよ。
ありましたからそのへんは突っ込まれないように
気は使ってましたね。
無論、端から「会社批判」で憂さをはらそう
なんてな気持ちは毛ほどもなかったし。
というか当時の用語の「ホームページ」
を始めました!!!!
つって会社の人には宣伝したりしませんでした。
ですが「辻タダオ」として活動してることは
上司同僚部下全方面に宣伝済みだったので
いずれ発見されるだろうなあ
とは思ってまして
ま、それはそれでその時考えればいいや
って感じでしたね。
でやはり徐々に「発見」されて
上司の方に「見たよ」と言われたりし始めましたが
特に更新のペースが落ちることもなく
特にとがめられることもなく
退社の日をむかえました。
ま、ある意味
「思想表現言論の自由」は担保されてたってことです。

「自己規制」って言葉がありますけど
結局なんだか世の中息が詰まるなあ
ってのは全分野全方位で無意識のうちに
各個人が行う「自己規制」が根っこにあるような。

以前に書いたような気もしますが、
前職退社→就農
の間の時期に
職業訓練校に通ってた時
「就職コンサルタント」さんの授業もあって
「履歴書に書かないほうがいい趣味」
を次々に挙げまして
ギャンブル、プロスポーツチームの応援、特定アーティストの追っかけ
が三大「就職にヤバい趣味」ってことでしたw
まあ人を雇う立場で考えれば
そりゃそうだろうなあ
とも思うんですけど、
だがしかし
それじゃあいくらなんでも世知辛過ぎなんじゃないか?
と。
というかそんな風潮だから「不景気」なんじゃないか?
と。
会社を構成する人員が
「会社以外の何か」に人生第一の意義を見出しているってのは
確かに経営陣としては面白くないだろうな
ってのは容易に想像がつきます。
「忠誠心の有無」という観点で。

ただまあ私が「退社」したのは2010年なので
そこそこ時を経てるんで
今現在どうゆう空気になっているのかは
わかりません。

会社によっては
あんまり「忠誠心」アピールされても困るんですけど
みたいなのもあるし。
主にリクルートとかw

ま、なんにせよ自分は
「自分の正体の神秘化」には失敗した
シンガーソングライターである
と成分表示を明白にしておきましょう。

もちろん
デーモン閣下や世界の終りみたいに
「正体神秘化」してるミュージシャンの存在を
否定するつもりも毛頭ありません。
それこそ
「思想表現言論の自由」ですからね。
ただ
自分はそれはやらない
ってだけのことです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック