全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
高校の軽音の全国大会が行われている
って知ってました?
昨日まで全然知らなかったですよ。
じゃ何故私がそれを知ったのかというと
受験生の娘が「学校見学」でもらってきた
とある私立高校のパンフレットを見たからです。
いやまあ世の中ほんといつの間にやら
変わるもんだなあ、と。
CD不況が叫ばれて久しいんですけど
実際「楽器」とか「機材」の市場ってどうなんでしょうか、
ちょっといつも気の向くまま書いてるんで
事前になんにも調べてないので恐れ入りますけど
けっこう伸びてるのかな、とか。
私が高校生の頃は
そもそも「軽音楽部」の存在自体
想像もつきませんでしたね。
そうゆうのは大学から
みたいな空気だったような。
で「文化祭」の時にワラワラと
「有志バンド」が体育館に集まる
みたいな。

あの時代「高校の軽音楽部」って
多分全国的にみてもそんなにたくさんは無かったでしょう。
それがいまや
「大人のお墨付き」で
全国大会まであるわけですから
唖然としてます。

で、また
youtubeとか検索すると
高校軽音の動画
けっこう再生回数稼いでるんですよね。
ま、だからどうだってことはないんすけど
演奏の優劣
オリジナル作品の質の優劣
とか
とは別に
「高校生の存在感」
ってのがね
こりゃおっさんにはどうあがいても再現不可能なんで
軽く「若さへの嫉妬」みたいなのは感じますw

シンガーソングライター辻タダオ
の作風ですと
時折
え?ブラバンとかフルバンとか
そんなに長くやってたんすか?
って驚かれることもあって
確かに自分でも不思議な気もするんですけど
前にも書いたと思うんですけど
「野球部3日で挫折」の後に
フラーッと入った
ってゆう
それが逆に良かったのかも。

何の先入観もなく
なんでもかんでも吸収できた
ってのもありましたし。

あとこれまた前にも書いたんだけど
当時は「荒れる中学校」の時代なんで
ブラバンは
「運動部とかかったりい」
んだけど
体力も体格も運動選手として十分な能力アリ
みたいな
不良男子生徒のたまり場
ってゆう側面もありまして
実にカオスな世界で和みまくりました。
吹奏楽部の身内の「お楽しみ会」的な集まりなのに
ロックからフォークからピンクレディーの振り真似から
コピーバンドの発表会になったりとかして。
で、私はそうゆう場合
掛け持ちでギターやピアノで
いろんなバンドに参加してたのです。
そんなこんなで
自分としては
「生まれた時代を間違った」感は
まるでございませんw



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック