全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
中高年にありがちな
身体のそこかしこが具合悪くて、
病院に行ってはみたものの
「特に異常なし」診断を下され、
結果的に「抗不安薬」みたいなのを渡されて
飲めばなんとなく落ち着くんだけど
それの堂々巡りをやってると
薬漬けになっちゃうし
医療費もかさむし、
あと運転免許とって以降
やはり「趣味散歩」がとんとご無沙汰になり、
農業といっても現状「果樹」のみなので
収穫や定植などで毎日のように
「激しい有酸素運動」をするわけでもなく
早く「安定して収穫があって売り上げもあがる何か」
を見付けなきゃいけない、と気ばかり焦ってくると
逆にどうにもこうにも身動きとれない
って感じで泥沼になってきて
晴れていても外に出る気にならなくなったりする。
ライブ活動再開して
気がまぎれるかなあ、と思ったら
それはそれ
って感じで
全体の流れとしては
あまりアグレッシブな方向に行ってるようには
思えなかった。
なので、
ここはちょっと逆に
なんでもいいからあれやこれややってみる
ことにして、
ブランク25年以上のトロンボーンを
再び吹くことにして
電子ミュート買って
就農先の戸建住宅の一室で
練習再開したんだけど
なにしろ電子ミュートだから
ヘッドホンでじかに自分の「しょぼい音」が
聞こえてくるので
余計に凹むんですけど!
みたいな。

だが、
運の良いことに
ブランク長くてしょぼい腕前に落ちぶれた人材でもOK
なありがたい場所にいれてもらったうえに
さらに「人前でやる日程」も決定、と。
その急にやってきた
「めまぐるしい流れ」が逆に功を奏したか
ヘッドホンで聞く
「自分のしょぼい音」も
10分前よりはマシ
一週間前よりはマシ
ってなってくると
全然平気。
やはり「人前に出せる音」にしなきゃ
ってゆう緊張感みたいなのが
体内リズムに好影響を与えている気がする。

このまま
病院とか薬とか
当分ナシで済むといいなあ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック