全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
居酒屋で「お笑い」を論ずる素人
ってゆうような
ちょっと顔が赤らむような行為を
経堂で
しかも
夫婦でやってきた。

きっかけは
妻の
「そもそもヨルタモリのタモリは
言うほど面白いのか?」
からであった。

いやそりゃまあ
とか
切りだして
なんかやけに
「タモリの身内」でもないのに
必死に「擁護」してたw

「男対女」の構図になってたからだろうか。

いやそうではない。

そうではなく
私には私の
「個人的事情」があったのだ。

私がピアノに慣れ親しむきっかけになったのが
タモさんの
「黒鍵に触らないようにして
ペダルほぼ踏みっぱなしで
唸りながらもっともらしく弾いてると
誰でもキースジャレットになれるよ」
ってゆう
超ピンポイントかつマニアックすぎる芸に
触れたからなのである。
笑っていいとも
が始まるかなり前。
「今夜は最高」
だったか
「テレビファソラシド」
だったか
「夕刊タモリ」
かの
いずれかだったかと思う。
まさに「中二」の頃だったような。

シンガーソングライター辻タダオ
にとっては
ある意味
「恩人」
ということなのでした。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック