全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
御注進に及ぶ
って
この漢字であってるのかどうかわかりませんけど、
まああれですね
シェイクスピアの劇とかでも
告げ口
とかするのは大概
「嫌なやつ」
ってのが相場ですよね。

しかし、
組織の上層部としては
「組織の癌」は
早めに摘み取りたい
ので
「目安箱」みたいなのを設置するわけです。


高学歴で高収入な方々で
構成されている組織であるところの
大手報道機関
であっても
平気で
嘘やねつ造

まかりとおる世の中ですから
「庶民」で構成されてる「組織」になってきますと
そりゃもう大騒ぎさ
って話なわけです。

嫉妬心
からくる
嘘の密告
とか
そこそこ遭遇するわけです。

前回投稿のジオフィスの件からの
流れで言いますと
「マネジャー」職
って
そうゆう「糞みたいな情報」も
ガンガン裁かなければならない
って側面がありまして
それが一番の「ストレス」だったりするわけです。

おれはいま
第三四半期の純利益
について思考を集中させたい
のに
「OOさんのセクハラ行為が目に余るので
なんとかしてください」
という
申し立てがあると
それはそれで無視するわけにもいかず、
申し立てしてきた人
の立場がおかしくならないように
気をつかって
「調査」行動もするわけですけど、
「被疑者」は
そんなことをするような人物にも見えないし、
遠目に観察してても
「気配」すらない、と。

じゃ「申し立てしてきた人」
が嘘をついているのか?
みたいな。

でしかも
その「申し立てしてきた人」

「悪い人」には全然見えない
と。

というようなことが
年がら年中
あるわけです。

で、私自身の経験ですと
申し立てしてきた人

「真実」を述べてる場合

「嘘」または「神経症的思い込み」
である場合は
おおよそ半々であったような。

ま、人を陥れるための
「完璧な嘘」

そのうち1割くらいでしたけどね。
さすがに。
そうゆう意味では
まだまだ世の中捨てたもんじゃない
とは思います。

やはりその
「神経症的思い込み」
みたいなのは
圧倒的に多いわけです。

組織
ですから
やっぱり
みんななかよく
ってゆうふうに上手くことは運ばないわけですよ。

そうゆうわけなので
最初から
御注進とか目安箱とか
そうゆうものは
我々のチームにはありえません
人間関係のいざこざは
当事者同士の自己責任で解決してください
ってゆう
組織にすればいいのに
って
いまなんとなく思ってます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック