全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
何故自分は「演出過剰」を好まないのか?

ふといろいろ考えたのだが
単純に
幼少時
はあまり豊かな経済状況でない生活
を送っていたので
ある種の「防衛本能」から
そうゆう思考経路が形成されたような気がする。

つまり
「贅沢好き」

ならないように
自ら誘導
する
みたいな。

「演出」が
「過剰」
ってことは
これすなわち
「贅沢」
である、と。

例えば
名古屋の人々は
「結婚式」
にえらく気合いをいれて
贅をつくす
みたいな風習があるようだけど
そうゆう情報を入手すると
「ああ、おれは名古屋の人じゃなくてよかった」
って思う。
みたいな。

だがしかし
私も
大人になって
「贅を尽くす」
ってところに
「雇用」が生まれる
という理屈も
理解できるようにはなった。

「清貧」思想も悪くはないけど
それじゃあ
経済まわらない
ってのも
わかってきた。

わかってきたんだけど、
やっぱり
田中康夫的な
なんとなくクリスタル的な
価値観は
どうにもこうにも身体のなかに
はいってこない。

まあ
田中康夫は
ただ単に「事実」というか
「風俗」を描いただけであって
本人の行動をふりかえれば
単に
高度な消費社会の消費者万歳!
って煽ってるだけの人物ではない
ってことはわかる。
政治にも深入りしたし。

私は思う。
「三ツ星レストラン」

「高級ブランド」

身を固める
ということは
「虚飾」であろうと。
しかしそれを拒絶
するつもりもない。

「虚飾」を楽しむのも
また「人生」
だからだ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック