全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
看板とか屋号とか権利とか
2万円で購入した
BD&DVD再生専用機が
意外に高機能で
youtubeの高品質な動画を
見まくっているわけですが、
シカゴとかアースウィンドアンドファイヤー
とかの
名だたる欧米のバンドが
メンバー入れ替わりながらも
精力的にライブをやってる映像見ると、
日本の伝統芸能の
「看板」とか「屋号」みたいな概念が
輸出されてるんじゃないか
とか一瞬思いますね。

海外ミュージシャンの私生活
とかまでは全く詳しくないんですけど、
たとえば
「全員子孫」のみのビートルズ
とかストーンズとか
有り得なくはないですよね。

というか
たとえ「直系」の親族に
音楽の才能を有する者がいなくても
そこは「養子縁組」みたいなことで乗り切る!
みたいな。

とにもかくにも
洋楽の大御所
ってのは
既に「古典化」してるのは間違いなく、
「学ぶべき対象」になってるわけですよ。
そんなのロックじゃない!
とか一個人で叫んだところで
どうしようもありません。
教科書に載る載らない
とかを
そこいらへんのおっさん
が止めたり止めなかったりとか
出来ないわけです。

簡単な話、
ワーグナーのバイロイト

60~70年代の洋楽の大御所

って大きな視野でみれば
歴史的にはそんなに離れてないわけですから、
じゃおれもバイロイトみたいな商売やろう!
と、
洋楽の大御所
関係各所の皆様が
考えたとして
何の不思議もないですよね。

実際プレスリーのグレースランドも
かなりの「集客力」のようですし。

ということで、
AKBとかで
クールジャパン
をアピールして
商売することに
ケチをつける
義理も理由も
何もないんですけど、
それよりも
「日本由来」のバンド名を持つ
古典的欧米バンドの
常設シアター
を誘致するのもいいんじゃないでしょうか。
TOTO
とか
JAPAN
とかw



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック