全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
バンドの利点
さて1個前の投稿で、
いま現在
「最新」のオリジナル曲
であるところの
「せめてもの望み」の
歌詞を変更したものを
載せておきました。

3コーラス目
「炎風土水」
だったのを
「上下左右」
に変えたのです。

「炎」よりは
「上」のほうが
語呂としては合う
ってことを
物凄い時間差で気付いたわけです。

シンガーソングライターとして
完全に「ソロ活動」でやってますと
普通簡単にすぐに気づきそうなことに
なかなか気づかない
とか
ってよくあるわけです。
まあ仕方ないといえば仕方ない。

かつて一瞬「バンド」形態で
辻タダオオリジナル曲を披露する
という活動してたこともありまして、
その時は3人だったのです。

一人が
三人になると
どうゆうことが起こるかというと
「量産のペースがあがる」
と。

単純な話
アイデア量が3倍になるのです。

たとえば、
1コーラスめのAメロの
詞と曲の部分だけ
なんとなく思いついたので
メンバーに唄って聴かせてみるわけです。

そうすると
「あーはいはいそうきますか」
ってなって
他のメンバーが
次の部分を付け足してゆく
みたいなね。

オリジナル曲のバンド経験者は
ふむふむ
とうなづいていらっしゃると信じます。
信じますけど
まあそれぞれのバンドにもよる
のかな。
他のバンドにいたことないんでよくわかりませんがw

そんな経緯もありまして、
ネット上に公開している曲のなかで
「俗物ブルース」

「角のスナック」
に関しては
作詞作曲辻タダオ&ALL13
と表記させていただいております。

どう考えても
自分一人
では作れなかった曲でございます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック