全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
言い換えとか合併による地名変更とか
みたいなことで、
昔馴染みの語句が無くなったり変わってたり
それこそ「平成の大合併」では
縁起が悪い
と思われた地名が無機質なものに変わって
水害への危機意識が減ったり
とか
いろいろありまして
なんでもかんでも変えたり
新たに作ったり
すればいいというわけではない
ということがだんだん肌身に染みてくる
今日この頃ですが
まず驚いたのが
古い話で恐縮ですけど
「禁治産者」

「成年被後見人」
に変わってた、
と。
禁治産者
のほうが
字数も少ないし
パッと見
の意味の伝わりやすさは
圧倒的に上なんですけどね。
それでも
成年被後見人
に変えることにより
事務関係、印刷関係、
看板関係、ハンコ関係、
いろいろな業者さんが
臨時収入を得られます。
あとは
「成年被後見人」の
語句の意味を懇切丁寧に
説明する職業の人とか。

「日本のここがスゴイ」

いちばん「輸出」すべき
なのは
もしかしてこうゆうところなのかも

ふと思います。

面倒くさがらずに
制度や仕組みをどんどん変えろ!
と。
さすれば
その都度その周辺に
いろいろな需要が生まれ
雇用も生まれる、と。
いやほんと
さながら「永久機関」みたいなものですよ。

まあでも
専門用語というか
業界用語みたいなものは
当事者性
ってものがないと
接する機会すらないんで
いつのまに変ってても
文句は言えないのかなあ
とかちょっと
諦めの境地に達しております。

禁治産者
とか
成年被後見人
なんかは
いわゆる宅建というか
不動産業界関連や
法律関係の仕事と縁がなければ
一生知らずに人生終える人がいても
おかしくないでしょうし。

で、ここからは全然違う方向にいきます。

浅田彰
ってゆう学者さんがいまして
若い頃から頭角をあらわして
かなり話題になりました。
自分が丁度学生になった頃でした。
数少ない著作も売れてました。
そのひとつに
「逃走論」ってのがありまして、
人間を二つのタイプに分けます。
「分裂病気質」

「偏執病気質」
です。
いま手元に原本ないんで
語句の細かい部分の正確性は担保できませんが、
それぞれをカタカナにすると
スキゾフレニー

パラノイア
だったと思います。

で、浅田氏の論調は
スキゾの方に
「優位性」を置くものでした。

パラノイアは
一点集中型のストーカー気質
というか職人気質
なのに
対して
スキゾフレニーの方は
注意があちこちに分散して
より「軽やか」に生きられる
ので
そっちのほうがいいよ!
的な。
確かそんなような論調でした。

まあいかにも軽かった
「バブル」の時流に浅田氏が
合わせたのか
いやいや浅田氏自身の卓見だった
のか
とかは
学者ではない私には
もはや判断のつかないところではあります。

ま、いずれにせよ
あれから30年
たっても
こうしておおざっぱにでも
覚えているのですから
かなりの影響力があったのは確かでしょう。

で、時は過ぎ
何故急に
浅田彰の「逃走論」を意識したのかというと
ここのところ
自分のライブのMCで
「いやもうなにしろ自分の場合
作風がバラバラなものでして」
みたいなことを言ってることが多く、

そもそもなんで
自分は作風バラバラなんだろう?
と。
で、
「分裂病気質」
ってのを思い出したわけですよ。

やはりその
己を知る
ってのは大事なことですからね。

なわけで
「分裂病」
とか
「スキゾ」
とかで
検索をかけてみるんです。

すると
驚いたことに
これまた
精神医学「業界」の都合なのか
そういった類の物事は
味噌も糞も一緒に
一切合切
「統合失調症」
にあてはめられてました。
いやもう心底驚きましたよ。

で、一方の
「偏執病」
パラノイア
の方は
それはそれで
ウィキペディアで
一項目ありました。
が、内容的には
薄い感じでした。

じゃ、あの時代の浅田彰の熱狂は
なんだったのか?
と思い
浅田彰のウィキペディアを見ますと、
スキゾVSパラノ
の二項対立の件
とかまるで記載されてないわけです。
「逃走論」の書籍名は
記されてましたけど
その内容に関しては
完全スルー
でした。

この時点で
三重にびっくりですよ。

スキゾVSパラノ

あらゆる意味で
「無かったことになっている」
という事実に。

自分は「浅田」信者でもないし、
ニューアカデミズムと呼ばれた
柄谷氏等一連の皆様の書籍もかなり
読み、多かれ少なかれ影響は受けたかもしれませんけど、
いま現在それらの方々のどなたの「信者」でもありません。

いやほんと
世の中ってのは
奇怪なものですので
ちきりんさんは
あまり好きではありませんが
やはり
自分の頭
は出来るだけたくさん使った方がいい
と思いました。

ってことで
いろいろあれこれ
ネット各所で読んだり
調べたりしてみましたが
自分はいまのところ
分裂病でも偏執病でも
統合失調症でもありません。
創作で行き詰まったり
時にはうまくいったりする
ただのシンガーソングライターです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック