全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
意外な一面(やや尾籠なお話です)
どのカテゴリーで書くか迷ったんだけど、
自分の周囲の昔話
なので「自分語り」でくくってみた。
ま、でも「自分」のことではない。
ま、べつにどっちでもいいことだけど。

過去に何度も書いたように、
私は教師から怒られやすいタイプの
児童生徒であった。
特に美術とか体育とか技術家庭とか
自分自身が「気乗り」しない科目の教師に
よく怒られた。
そうゆう意味では
「空気」読めない
コミュ障
だったのかもしれない。
しかし
それを悔いるつもりも
毛頭ない。
ここでこうゆう態度をとると
大人は怒るんだな
ってことを
教えてもらった
くらいな感覚である。

で、やはり
「天敵」だったのは
体育教師で
他の科目の先生と比べると
「気合だ根性だ」的な
精神論強めな気がして
とにかく嫌で嫌で仕方がなかったのだ。

夏のプールの授業で
「長髪」を
整髪せずに臨んだら
「おまえそんな髪でプールに入れると
思ってるのか?いますぐ俺が切るぞ!」
とか言うので
「いや、それならプロの
床屋さんに行きます」
って答えたら
完全にキレられましたw

というか
我ながら思いますに、
そりゃ「大人」としてキレるのが
正解でしょうw
50歳の立場で振り返るとw
ガキが生意気言ってんじゃねえ!!
って話ですもの。

あ、でも
なんというか
完全に病院送り
みたいな
そうゆうやられ方ではなかったんですよね。
そのあたりは
加減を心得てるというのか。

で、体育の場合
実技とはべつに
「座学」のいわゆる
保健体育
ってあるじゃないですか。

その先生は
けっこう
その「保体」になると
わりと話術が巧みでして、
梅毒と淋病の恐ろしさを
語るときなんかは
稲川淳二か!
ってゆうような絶妙な口調だったのです。

まあ
これだけですと
単なる「エロい」人なのか?
ってゆう印象を抱かせてしまうかもしれませんけど
「性病は怖い」

厨房に植え付けるためだけの
あの迫真の語り口には
実は感動を覚えたものです。

で、ここからが
話の肝
なんですけど
その先生は
「保体」の
座学の授業の際に
「いいかお前ら
大のあとは必ず石鹸で
手を洗え!必ずだ!
小の時ですら石鹸使うのが
望ましい!!」
と力説してまして、
へえ?おおざっぱな人かと
思ったけど
そこまで言うなら
それにしたがってみよう
と素直に感じたのです。

その後
「小」のあとに
全然手を洗わない日本男性が
あまりにも多いことを
「接客業」に従事して体感するわけですが
ああ
あのぼくの不得意だったあの先生も
実に正しいことを
生徒に的確に伝えていたんだなあ

いまにして実感しております。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック