全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
4連勝で5割っすよ。
4月11日仙台
E3-3B
糸井2号
サンチェス1号

4月12日仙台
E4x-3B
勝ち青山
負け佐藤達

前夜はライブに出てたので録画チェック、
きょうは概ねリアルタイム視聴。

11日の試合は
サンチェス様様でしたね。
ただその後のチャンスを活かせば
則本に勝ちもついたのに
と思うと残念ですが
それはまあ贅沢というものでしょう。
しかし松井裕はまだ防御率0.00ってのが凄い。

今日の試合は
銀次デーに
銀次がサヨナラタイムリー
ってゆう漫画的展開。
でもほんとあそこでタイムリー出なかったら
連日の「ブルペン陣総動員」になりかねなかったわけで
ほんとに「貴重」というか
まさに「値千金」ってやつでしたね。

それと同点の終盤で
「久々の青山」投入で
4奪三振とか
これまたちょっとした「奇跡」ですね。

あと相手が「左腕先発」でもなかなかスタメンに
名を連ねることがなかった牧田が
このタイミングで出てきて得点にからむマルチ安打
や四死球での出塁とか
「デーブ采配」、選手起用の面では
ずばずば当たってるってことですね。

サンチェスを一度ファームに行かせたのも
「好判断」だったんでしょう。

ましかしまだまだ先は長いし、
この連勝中、
ホークスは極度の打撃不振
バファローズはブルペン陣崩壊
ってゆう要素もあるので
スカパー解説の青い稲妻松本氏が言うように
ライオンズ、ファイターズと続くカードで
どこまで戦えるかでしょう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック