全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
9回の4失点は余計だったが
まあ今シーズンでは
最もストレスの少ない試合でした。
予告先発西が急遽登板回避ってゆうのも
効いてましたけどね。
大丈夫なんですかね西は。

4月28日大阪
B4-9E
勝ち塩見
負けマエストリ
ペーニャ1号
糸井4号

ペーニャに遅ればせながら1発出たし、
一応「表ローテ」扱いの塩見にも
ようやく「勝ち」がついたし、
ほぼ言うことなし
の試合でした。

ま、バファローズが暗黒過ぎるってのも
ありますが
そうゆう局面で
確実に勝っておくのも
長いペナントレースでは
重要なことです。

9連戦
野手の「ローテ起用」もやる
と大久保監督は言ってるわけですが
実際、「守備固め」や「代走」ではいった
阿部や牧田も打って
どんどん点が入ったのは
今後に向けて好材料ですね。

で、たぶん
プロ入り初の「猛打賞」だった
ルーキー福田ですけど
「脚」も「小技」も効くのは
たいへんけっこうなんですが
「右」の
それも
「長距離砲」

不足してるチーム事情を考えると
「当て逃げ」打法

なってほしくはないなあ
とちょっと思いました。

でもまあ
あの足の速さもあるし
難しいところですね。

右打者なので
「転がす」意識じゃなく、
普通に「低いライナーを打つ」意識で
やり続けてくれればいいのかなあ、
ってところでしょうか。

岡島の不振
を見るにつけ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック