全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
少年Aの本の件
そもそもなんで出版したんだ?
とか
しかもなんで売れてるんだ?それも凄い勢いで?
とか
そうゆう物議を醸しだしてるようなんですけど、
自分は「思想言論表現の自由」最大限尊重派
ですし、
また「検閲」的行為は限りなくゼロに近いことを望む派
なので
流通していること
そのもの

人々が購入していること
そのもの
を糾弾する感覚
ってのはちょっとよくわかりません。

犯罪被害者への心情的配慮という
倫理的側面で出版社側に落ち度がまったく無かった
とは言い切れない
ってのも理解はできますけどね。

それと
出版するなら「実名」でやれ
ってのもわからなくはありません。

なんですけど、
現状の「法体制」で
出版流通
すること
そしてそれを消費者が購入
すること
を糾弾する
って一体どういうことなんでしょう。

ちなみに私「も」
いまこれ「読まずに」書いてます。

で、「読まずに糾弾だけしているレビュワーが多数いる」
問題
も露呈しているわけです。
amazon界隈で。

「全力リラックス」派
としては
ほんとに意味がよくわかりませんw

何をみんなそんなに「必死」になっているのか?
みたいな。

で、たまたまなんですけど
この同じ時期に
「町長が演歌歌手にセクハラ」ってゆうニュースが
動画付きで流布されていたりするわけですよ。

「俺と昭和と辻タダオ」
と題されたライブをこなしてきた私なので
もしかしたら
「おまえもあの昭和ノリの町長みたいな行動が
好きなんだろ?実はやってるんだろ?」
とか思われたりしてるかもしれないんですけど
全然そんなことありませんw

なんでもかんでも語尾に「ハラスメント」とか
つけやがって面白くも無い!
と、この前亡くなった、
車谷長吉氏並みの
「反時代的毒虫」精神はある程度持ってますけど、
社会人としての「行動面」では
基本「世の中の潮流」には素直に従っておりますw

女性の人権

性的少数者の人権

より尊重されてゆくことに関して私は何にも疑問はないです。
「いまここ」において
より多くの人が幸福になることに
逆らう道理がありません。

ただ私が危惧するのは
「女性の人権」が
いまここ
より尊重されていなかった
過去の著作物。

「性的少数者の人権」が
いまここ
より尊重されていなかった
過去の著作物
の取り扱いについてなのです。

何度も申しますように
わたくしノンポリ無党派層ですので
何事も「是々非々」で臨みますから
「進歩的思想」でも
「保守的思想」でも
それぞれ
自分に役立つもの
を適当に取捨選択して生きるのみ
なので
とにもかくにも
「絶対」ってのは
自分のこころのなかに持たないようにしてます。

その意味において
とにかくありとあらゆる著作物に関し
絶対にアクセスの道を閉ざしてはならない
と思うわけです。

例えばドイツで「わが闘争」が禁書扱い
とか
すごくナンセンスな気がするわけです。

相手が「危険」な存在
であるならば
相手のことを「知る」のが
大切ですし。

簡単な話、
いまはyoutubeで
戦中戦前の「国策映画」とか
いくらでも見放題なんですけど
あれ見て
「大日本帝国」に戻りたい
とか
思う人のほうがどう考えても少ないと思いますよ。

で、「映画」表現として劣っているとか
そうゆう問題でもないし。

それとほんといまの「なんでもかんでもハラスメント」認定!
の世の中の潮流だと
森繁やクレイジーキャッツの映画とか
ある日国会前で全部野焼き処分されてもおかしくないんですよね。
それだけは
「人類の良心」として
避けたいですよ。
まあまだ我が国は「先進国」なので
当分大丈夫だとは思いますが
「油断」は出来ません。

いずれにしても
自分がどうゆう政治的スタンスに立つのか
を決めるためにも
「過去」は
絶対に「抹殺」してはならない、
と私は考えます。

ちょっと前の民主党政権
そしていまの自民党政権においても
「不都合なことはなかったことにしよう」
ってのが
政権運営において
足かせになってる傾向ありまくりですし。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック