全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
やっぱりペーニャも厳しいようで
7月10日仙台
E4-4B
安達8号
T-岡田9号

なんというか
他のものにたとえると
将棋なら飛車角どころか
金も銀も馬も槍もない
とか
トランプだと絵札とジョーカーがない
とか
そうゆうことですよ。
チームの野手陣の布陣。

場馴れしてない
人ばかり
なので
そうそう「有効打」がでない状態。

で投手陣をどんどんつぎこんで
なんとかしょぼく相手より1点でも取って・・・・
ってことなんでしょうけど
ちょっと作戦そのものもしょぼすぎるような。

特に12回裏の無死1,2塁打者中川の場面。

もう「枠」使い切って後ろは
森山、下妻の並び
ってのはわかってるんだから
開き直って
端から「強攻策」でよかったような。

それと回の浅いうちからスクイズとか。

これはバファローズ側にも言えて、
「絶好調安達」に2度も犠打指示で
おかげで「負けずにすんだ」気もするし。

ま、よく追いついたというか
負けなかった
のはよかったんですけど
点の取り方取られ方
いろいろぐだぐだし過ぎな試合でした。

前回の投稿で「予兆」を感じた
フェルナンドが
プロ初猛打賞
ってのはよかったです。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック