全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
単純な話塩見が「被弾」しなければ
勝てたかも
ってことですよね。

7月11日仙台
E3-4B
勝ちバリントン
負け塩見
S平野佳
竹原2号ブランコ4号

今季2号とか4号の人に
ここってところで打たれる
ってまあもうこれ様式美でしょうか。
まあでも塩見の時は
打線もすっかりおとなしくなるのも
これまたいつものことで、
なんと8回2死までノーヒットですからね。
驚きの弱さですよ。

8回2死までノーヒット
でありながら
3点もよく取った
と言えなくもありませんが、
見てる側からすると
やっぱ
「おせーよ」って話かなw

7回裏
エラーと四球で無死1,2塁
からの
「2番山崎」バント失敗で三振
の場面とか
絶望感ハンパなかったっす。

戸村と青山はよかった、
中川久々の技ありツーベース打った、
牧田2回連続「代打」成功、
とか見どころはそのあたりくらいかなあ。

というか伊志嶺とかウィーラーをあげたのであれば
どっちか一人でも「即スタメン」でもよかったんじゃないか、
とか
「暗黒打線」に少しでも光が射すように。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック