全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
不思議な味わいの試合だった
8月4日仙台
E5-4L
勝ちクルーズ
負け増田
S松井裕

まずライオンズが
連敗

球団新記録の13になった。

それとはべつに
松井裕が
イーグルスの「セーブ数」
球団新記録の23になった。

でライオンズが連敗前に
「最後に勝った試合」が
秋山の連続安打試合記録が止まった
んだけど
その秋山の献身的な選球による出塁をきっかけにして
おかわり君のサヨナラホームラン
ってゆう
けっこう劇的な「イーグルス戦」だった
ってゆうね。

いろんな綾がありすぎて
めまいがしますねw

ライオンズの二けた超え大型連敗の原因
ですが
私も詳しく見てないんでよくわかりませんが
「西武ライオンズ」になって
最初の「黄金期」だった
石毛辻秋山
のセンターライン
と比較すると
周期的に
「ディフェンス難」になる印象があって
たまたまそれが巡ってきたのでしょう。

松坂がいて
中島がショートで台頭してきて
「守乱」連発してた頃に
ちょっと似てるのかな。

それはともかく
この試合は
則本がサクッと「勝つ」
ってゆう要素があれば
イーグルスファンとしては
「CS圏」狙ううえで
安心材料が増えたんでしょうけど
美馬も抹消になってるところで
則本がQSできず
勝ち星つかない
ってのは
こりゃもう「不安材料」以外の
なにものでもありません。

7回に「突然崩れた」感もありますが
やはりちょっと
決め球
の精度に不安あるかな。

メンタル面で
不機嫌な感じを
全面に出してましたが
それに関しては
特に苦言はございません。

おとなしくて優等生的な人材が多いチームですからね。

でも
「田代コーチ辞任」以降、
「オーナー介入」報道もあって
則本の激情
とかも見ると
このチーム
マジでプロレス化するつもりか?

ちょっと
ワクワクしてきましたw
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック