全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
野球の神様っているなあ、と痛感。
8月5日仙台
E1-6L
勝ち菊池
負け辛島

ってことで案の定
私どもイーグルスが
ライオンズの「長い連敗」を
止めました。

まあ「調子のいい菊池」は
どこのチームだろうとちょっと無理
ってのがあって
昨夜はその「調子のいい菊池」に
あたってしまった
のがほぼすべてなのかもしれませんが
守乱傾向著しかったライオンズの
シブい「バウンド処理」2つもかなり効きましたね。

中前打の難しいショートバウンドを裁いて
すぐさま、2塁オーバランしてた藤田を刺した秋山とか
絶妙のセーフティースクイズになりそうな山崎の打球を
「これしかない」ってゆう動作で本塁アウトにした増田とか。

藤田も山崎も
責めを負う要素ほぼ皆無で
秋山と増田の「一瞬」の動作が光ってた、と。

まさに
神は細部に宿る
ってやつですね。

ただ一点疑問があるとするなら、
山崎セーフティースクイズの場面
打率や長打力で勝る「代打」はいなかったのか?
パワーピッチャー菊池相手で
小技タイプの山崎スタメンでよかったのか?
そのへんちょっと微妙な気もしました。

ま、ペナントレースとかCS進出
を考えると「痛い」負けですが、
前日とは違った意味で
またまた「味わい深い」試合でしたよ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック