全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
8月15日に向けて
スカパーなんかは
各局で戦争映画をガンガン放映中で
でこのタイミングで原田監督の
「日本の一番長い日」リメイク版の
宣伝に余念がない感じなんだけど
まあ自分としては
岡本喜八版も
映画館じゃなくて
DVDとかスカパー等で
3回は見てるんで
近所のシネコンに行くかどうか検討中。

学生の頃は
「映画館で映画を見るべし」的な
蓮實先生の教えに忠実に従って
文芸坐界隈とかに出没しまくりで
年間3ケタくらいの勢いで
ほんとに「映画館で映画を見た」んだけど
一回神経を病んで以降は
若干「閉所恐怖症」的な心理状態になったりなんかして
ここ数年いわゆる「脱サラ」をして
「映画館で映画を」見ようと思えば
「時間的な余裕」という観点だといくらでも見られるし
昔に比べると「料金」的には
いろいろな「割引サービス」も増えてるんだけど
どうも「暗闇で拘束」される
というのがなんだか身体が受け付けなくなってきてる。
単に自分が弱ってるだけなんだろうけど、
まあそんなものは個々人の都合ってことなので
べつに反省するつもりもないし
誰かに何か詫びる義理もない。
「映画の神様」
がいるのなら
すみません
ってところなのかもしれないけど
ま自分は
「野球の神様」の方が気楽に接することができるので
そっちを選ぶ
って感じですかね。

野球観戦のいいのは
移動自由とか
飲食自由とか
トイレ自由とか
歓談自由とか
そうゆうところですかね。

ま、名画を
気合で見つめる
ってのも
悪い体験ではない
というのも重々承知はしておりますが
場合によってそれが困難になることもある
と識者の皆様にはご理解いただければ幸いでございます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック