全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
黎紅堂ってあったよなあ。
「貸しレコード屋」ね。
高校の時けっこう足しげく通った。
でもちろん
当時レコード業界が危惧した
「テープにダビング」してましたよw
いまはTSUTAYAとか全国的に展開していることを
考えると「隔世の感」がありますよね。
というかさらに
クラウド上のサービスが進化して
TSUTAYAのビジネスモデルも揺らいでるわけですから
まったくめまぐるしいです。

黎紅堂の時に
強攻な態度を取ってたレコード協会の上層部
とか
昨今のクラウドサービスの爆発的進化に
まったくもって始動の遅い
コンテンツ関連業界の上層部
とか
いつの時代も
「文化芸能」の仕切り
は老人にやらせてはいけない
ってところでしょうか。
日本国においては。

かつていた
パチンコ業界なんですけど
管理職になっても競争は激しく、
「最新業界知識の抜き打ちテスト」とか
ありましたよ。
巷間いろいろ言われてる業界ですが、
けっこう「まとも」なところも多くあるのです。

五輪のパクリエンブレム問題とか
かなり泥沼化してますけど
老人が「名誉職」として仕切ると
こうなるのかなあ
みたいな。

でもそうゆう物の言い方だと
「老人差別」になってしまうので
老若男女を問わず
「最新の知識に精通している」人材を
まっとうに公平に登用するシステム
ってのを
すべての分野で構築できないと
「ガラパゴス化」
ってのがどんどん進行してしまうのかも。

「グローバリズムに疑問を感じている」
私がこんなことを言うのも
なんだか変な気もしますが
そこのところは
「矛盾」を抱えていない人間など存在しない!

適当に開き直りますw
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック