全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
どうも先日はお疲れ様でした。
ここのところ、
ライブ終わったあとって
ボーっとしちゃって
すぐにPCやスマホで文章書く
というような瞬発性がなくなってきまして
メールの簡単なやりとりくらいなら大丈夫なんですが
長いのはなかなかキツい。
イーグルスの試合結果を追うのも億劫、
みたいなw
寄る年波ってやつでしょうか。
飲酒量とか関係ないですね。
先週からの「めまい」もいまは治まってるので。

ということで18日
東高円寺カットウさんでの
おぐまさん企画「長月昇華」
おぐまさんの「ライブレポート」
です。
終わってすぐにこれだけのレポート書ける
ということに頭の下がる思いでございます。

レポート内容に個人的に細かいところを
付け加えますと、
自分のステージ、ICレコーダー動画で
ふりかえってみたら
とにかくテンポがいつもより滅茶苦茶遅い!
原因は、
いつもの「ノープラン」はいつもどおりだったんだけど
現場でのMCというか
ほぼ「客席との会話」になんだか
いつも以上に気をとられてしまい、
やる曲選ぶのに迷いが生じ
でその演奏も明らかに
「思い出しながら」やっている、とw
もちろんそのことを
プレジーさんのせいにする気持ちはさらさら
ございませんw
というか久々にかつての「専門分野」で
いろいろ突っ込んだ話が出来て
めちゃくちゃ楽しかったですよ。
プレジーさんもそうでしたが、
利根川さんも高橋さんも
皆、独特の凄みのあるステージで
圧倒されまくったところで
自分だけなんか適当にヘラヘラしてすみませんでしたw
芸風がすぐに変わることはございませんが、
「咄嗟の時のテンポ感」には気を付けようと思いました。
皆様の今後の御活躍をお祈りいたします。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック