全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
ネタフリとして吹石一恵の話題からいこう。
確かにビックリはしたが、
福山雅治に嫉妬はしてないし、
近鉄つながりでそれなりに「吹石ファン」ではあったとしても、
まあ自分も五十路の妻子持ちの中高年男なんで
「ショック」は受けてない。
若い頃にファンというかほぼ「マニア」であった
中森明菜に関しても
いまでは「マッチめえくそー」
って感情は皆無であり、
逆に「あのときマッチがなんとかしてくれればよかったのに」
とすら思うくらいであって、
それが「大人になる」ってことなのではないだろうか。

となんだか下世話な話をしておいて、
全然違う方向にゆこう。

ツイッターでもつぶやいたんだけど、
自分が「辻タダオ」として
江古田マーキーで
「ピアノ弾き語り自作自演」を開始したのは、
1991年~1992年頃で
当時は
「弾き語り自作自演しかもソロ
あるいはデュオ」みたいな
地味な音楽って
全然流行してなくて
そうゆう「場」も
首都圏では
江古田マーキー

渋谷アピア

四谷コタン
くらいしか無かった。

で自分は「週刊ぴあ」で
マーキーでオーディションをやっている
という情報を得て
当時は西川口に住んでたので
江古田なら近いし
それなら行ってみよう

特に深く考えずに江古田に向かったのだ。

以来20年以上
通算100回以上は
間違いなく江古田のステージに立ってきた。

ここで再三書いたように
そもそも「弾き語り自作自演」をやろう
と思ったきっかけは
「パチンコパチスロ依存症」からの脱却
ということであって、
「溢れ出る自己表現への欲求」
ではなかったのである。

パチンコ店で働き、
シフト制勤務だから
早番であれば「就業後」
遅番であれば「就業前」
そしてさらには「食事休憩中」
もずーっと「パチンコ」か「パチスロ」を
やり続けるという生活が続いて
こりゃさすがにまずいぞ、とw
まさに「猿」!みたいな。

ということで
そもそものスタートのきっかけが
ヌルいというか
あられもないというか
辻タダオ
ってのはそうゆう者なのである。

ま、でも
もともと「音楽好き」ではあったし、
ライブ始めてみたら
意外に「若さの勢い」なのか、
オリジナル曲はどんどん出来るし
ちょっとバンド形式でもやってみたりなんかして、
おお?これはもしかして
メジャーデビューで一攫千金も有り得るかも??
みたいな「自信」まで芽生えちゃって、
「カセットテープ」で大手レコード会社に
いわゆる「デモテープ」を送りまくった時期もあった。
27~30歳くらいの頃かな。

で、当時はビーイング系の
人畜無害の前向きソングが流行ってて
その前に流行った「イカ天」系の
エッジの効いた人達の音楽は下火になってて
いやいやいやそれはないだろう、
と本能の赴くままに
「斜に構えた歌」
とか
「暗い歌」
とか
そんな作風のものばかりを
送り続けていて
時々オーディション担当の人から
「返事」の封書を貰って
大体が
「ちょっと面白いと思うんですけど
これを売るとなると・・・・・」
みたいな内容で
ああそうゆうことかあ、
と思って
以降そのような活動は一切していない。

「無駄な努力」は
止めたってことですw

でいまは
当時なかったインターネット全盛の時代ですから
もう
「カセットテープ」で
デモ音源を
大手レコード会社に送る
なんてゆう行為も
ほとんど絶滅してるんじゃないでしょうかね?
よくわかりませんけど。

で、話をちょっと戻すと、
「ゆず」ブームで
「弾き語り系」のお店が爆発的に増えて
まあ正直飽和状態だと思うんだけど、
そのぶん「参加人口」も増えてるわけで
「うわ!この人凄いなあ」
って思う機会も物凄く増えてると。
年齢性別問わず。

単純にそれは
楽しいこと
なんですよ。

自分で作った歌詞

自分で作ったメロディー

のせて
それを人前で披露する
って
冷静に考えると
めちゃくちゃ恥ずかしい
行為でもあるわけです。

そこを乗り越えて
しかもきちんと
客席にいる人間の心をつかむ人が
年々増えている
ってことは
日本国の将来は捨てたものじゃないのではないか?
と大げさでなく思いますね。

で、それはそれとして、
当ブログでは
「おすすめ」ミュージシャンの動画とか
サイトのリンクを貼ったりしてますが
ここのところ「新規」に追加とかあまり出来てなくて
それはもう単純に
「多過ぎて追いつかない」
ということです。

なのでいまのところ、
「知り合って10年」以上たった
「男性」ミュージシャンしか
とりあげてないんですけど
決して「女性差別」をしているわけでもありませんし、
「若者差別」をしているわけでもございません。

そこいらあたりも
急がずのんびり
整えていこうと考えております。

自分自身がやるべきこと
ってのもありますからね。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック