全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
パリーグ終わりました。
ま、ちょっと農繫期やらライブの日程やらで
いつもの年より野球投稿は精度低めでした。
ま、それはそれ
ってことで
来年はもっと一生懸命書くかもしれませんし、
あるいは
その逆かもしれませんが
それはその時になってみないとわかりませんw

で、イーグルス対マリーンズの
最終戦は
涌井の「最多勝」と
永井、小山の「引退試合」が被って
いかにも微妙な試合でした。

しかも巨人選手の「野球賭博」報道も被ったりなんかして。

で、前の試合は
「斉藤隆引退試合」で
ホークスの細川が
あからさまな三振して
でこの試合では
引退する永井に対し
東洋大学の後輩の清田が出てきて
これまたあからさまな「三振」だったりなんかして、
ここいらあたりはちょっと微妙な気持ちになったんだけど、
「巨人野球賭博疑惑」があるにせよ
まあ、そのへんは惻隠の情
ってことでいいんじゃないですかね。

「引退」決まって
最後のマウンドで
感極まって涙ぐんでる投手に対して
必死に打ちにいかなかったからといって
「世の中の原理原則」にもとづいて
怒ろう、って気持ちにはならないですね。

ま、ただほんと
「状況」によりけり
ってのもあって、
大昔の話ですけど
中日と巨人が優勝争いしてた時の
中日ー大洋シーズン最終戦で
大洋の長崎の「首位打者獲得」の為の
「田尾全打席敬遠」とか
ここいらは微妙。
しかもこれを指示したのが
関根大御大だったりとか
ほんとなにからなにまで微妙w

でもほんと
「順位争い」に
関係ない試合であっても
「タイトル」がらみの
欠場&敬遠合戦とかは
やっぱりやめて欲しいですね。

いやまあ確かに
プロ野球選手になる
って
東大に入るより難しい
ってのも確かなことで
そのプロ野球の世界で
「タイトル」とる
のか
とらないのか
ってのは
大違いだってのは
理屈としてわからなくもないんですけど、
でも普通に「興業」として楽しんでる者としては、
いやあ我々はあんたが最後まで
タイトル争いをした立派な選手だってことは
記憶に残しておくよ!
贔屓チームの選手じゃないけど!
と。
そうゆうことじゃダメなんですかねえ。

ってことで
イーグルスの話題から離れましたが、
来季の梨田体制は全力で応援しますし、
とうとう「創設メンバー」最後の生き残りになった
牧田とか
ほんとマジで
気合いれて頑張れよ
と。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック