全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
私は10段組み人間ピラミッドとか無理。
ってことで久々の「時事ネタ」。

安倍政権は「一億総」って言い始め、
共産党が「国民連合政府」を呼びかける、と。

で、自分としてツイッターとかFBとかでは
何度か書いた「運動会における組体操の高層化」
の件なんだけど、
私は右でも左でもない立場から
あれは無駄な努力だからやめた方がいい
と意見表明してます。

人間ピラミッドで10段
とか
自分が児童生徒の頃やったことのない
「大人」である教師がやらせている
ってのは
その教師の思想信条等一切関係なく、
単なる「判断力」の低下であると思います。

私も一応、子供を持つ身であるから、
やみくもに「感動の押し売りはやめろ」などと
声高に叫ぶつもりはございません。
そりゃ「情操教育」も必要でしょう。

単純に「感動」を演出するのに
なにも「人間ピラミッド10段」を
わざわざ選ぶ必要はないだろう、と。
それだけのことですよ。

確かに「学校」ってのは
「集団生活」を学ぶ場でもありますから、
学級やら学年やら部活やらで
メンバーの結束を図る行為を一切やめろ
なんてのもこれまたある種「暴論」なので、
なんでもかんでも個人主義に徹しろ!
とも思いません。
思いませんけどやはりその物事「限度」があるんじゃないの?
と。

あれを「軍事教練」と捉え直しても、
どう考えても役に立たないじゃないですか。

密偵として敵陣に入って
敵の建物の塀を乗り越えればならないって
いうときに
「10段ピラミッド」組みます?
そんなことしてたら一発で見つかるし
まとまった人数が1か所にいるわけなので
あっというまに「部隊全滅」なんですけど。

で、あるならば、
「少人数」で4段くらいの組み方で
早く組み終わることに重きをおいて、
いちばんうえにすばしっこい人材を登らせて、
とっとと「敵陣」に潜り込む、と。

それが「普通」の考え方だと思いますよ。
ってまあ
運動会の「行事」を
「軍事」に例えたりなんかすると
それだけであちこちからあれこれ言われそうですけど、
本質的には
「学校」ってのは今も昔も
「兵隊」を育てるところだと私は思います。
ほんとに自衛隊に行く人材、
企業戦士になる人材、
革命戦士になる人材、
いずれにしても全部
「集団生活」なわけなので
そりゃもうやはり、
「始めに学校ありき」なわけです。
そこはもう日教組うんぬかんぬんじゃなく、
右も左も「表裏一体」なわけです。
前にも書いたような気がしますが。

それに馴染めなければ、
なんとか
「インディペンデント」の道を模索する、と。

そのあたりほんと、
早く自分の子供の性格というのか
適性というのか、見極めておくべきなんだろうなあ、

つくづく親として感じますよ。
「誘導」はするつもりはないんですけど、
とにかく自分が児童生徒だった頃と
いま現在の「児童生徒」の有り様は
全く異なっている、と。
単にネットやスマホがあるからうんぬんかんぬん
ってだけのことじゃないですね。

結婚すること
出産すること
をお勧めしたり強要するつもりは全くないんですけど、
結婚の予定も出産の予定も無い方も
薄くてもいいので
「教育」の現状ってのは
気にかけて欲しいなあ
と思い書きました。

ちょっと目を離したすきに
どんどんどんどん
あらぬ方向に進むので
怖いですよ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック