全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
阿藤快追悼の気持ちをこめて
huluで「遊戯」シリーズ見始めたら、
すっかりハマったりしております。
阿藤さん
役柄上、途中で死なずに
いちばん出番が多かったのは
2作目の「殺人遊戯」だったことを再確認。

で、話は容赦なくあさっての方向に飛び、
「野獣死すべし」ですよ。
阿藤さんがらみですと、
「東大経済学部OB」の
嫌味なインテリとして
レストランのボーイの鹿賀丈史にからまれる役
なんすけど
そのシーン以降、
やはりこの映画って
原作と違い過ぎる
という意識が強まってしまいました。

ま、しかし、
それはそれこれはこれ
なのかな、と。

映画俳優松田優作の「伝説」にもなってますし。

ネタバレしないギリギリで
大雑把に書くと、
大藪原作の主人公は
「復讐心」を起点としたわかりやすい行動原理で
動くんですけど、
角川映画の方は
いわゆる「ベトナム戦争」がらみの
「トラウマ」がらみ
なんですよね。

ま、もうそれは
どっちがいいわるいとか
個人の好みの問題でしょう。

ということで、
最近は
赤塚作品をベースに
「おそ松さん」
とかやってるんですけど
それこそ
大藪作品
のダーティーな部分を
薄味にすることなく
忠実にCGなんかも駆使して
ジャニーズや吉本とか関係ない
タレントさん役者さんを起用したドラマ
とかあれば
リアル放映時に見ます。
というか見たいので
作ってくださいw
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック