全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
時代の変化。
ということで、
師走一発目のライブ、
12月1日は
bar YaYa ebisuさんで
逍遙遊 さん
出海圭太さん
SATOKEN さん
との4組出演でした
お越しいただいた皆様、
マスター、そして出演者の皆様、
お疲れ様です。
私は所用で「リハ」出れず
バタバタしてしまい恐れ入ります。

ということで、
ちょうどさっき怒り新党で
ストリートミュージシャンがとりあげられてたようですけど、
「アコースティック弾き語り系」
のライブハウスが
ゆず以降に
爆発的に増えたのは
間違いないのでして、
ゆずが好き嫌いとかに
関わらず
その功績は素直に認めるべきだと
私は思います。

そのうえで、
「ゆず以前」の時代も知っている者として
痛感するのは
「アコースティック弾き語りをやりたい人の数」
のいわゆる分母が
少子高齢化による人口減少とは逆に
明らかに「増加」しているので、
「歌も楽器も両方上手い」人に
遭遇することがほんとに多くなりました。
YaYaさんのライブでも
やべえおれが一番技術不足だ
とすぐに思いましたよw

そのへんは以前にも書きましたけど、
「ヘタウマ」で開き直る
ことはせず
あせらず精進します
としか言い様がないっす。

まあ、あとは
「吹奏楽」なんてのも
自分は中高と経験してますが
その頃は吹奏楽番組とか吹奏楽アニメとか
皆無でして、
ユーフォニアムがタイトルのアニメ
とか
隔世の感がありますね。

ユーフォニアムなんて
この世の終わりまで
正蔵師匠の胸の中にしまわれるだけの存在
と思ってただけにw

世の中斜に見る癖のある自分は
つい
これは楽器業界の陰謀では?
と口走ってしまいそうになるんですけど、
楽器を奏でたり
唄ったりする人が増えることは
少なくとも「演奏」している間は
バズーカ砲やカラシニコフに触ることはできないので
平和のためには良いことだと
素直に思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック