全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
スナックなのかバーなのかクラブなのか
ってのはまあ
店主の決めることです。
以上終了。

それですと話終わっちゃうので、
野球のシーズンオフなので
スカパーは基本パックにしてて、
やはり一番ヘビーローテーションで
見てしまうのは
玉袋筋太郎のナイトスナッカーズで
ツイッターやFBでも書きましたが、
いま画面に映ってる店に
必ずしも行きたいとは思わない
ってことも多々あるけど
ま、とにかく面白いと。
あらためて自分の「業の深さ」を感じたりしてw

でも、実際この番組と似たようなことを
学生時代にやってたんですよ。

何せ「JAZZ系」の集団ビックバンドにいたので。

詳細はそりゃ書きません。

ま、ただ書けないほど「物凄い」ことがあった
わけでもないんですけどね。

というか細かい記憶があまりないのです。

ま、とにもかくにもJAZZ系集団ですから
「酒飲み」派閥に属していると
なんかこう突拍子もないことやるんだ
やるぞーそしておまえもやれ!
的なノリが横行してました。
なんせ「アドリブ重視」ですから。

私は無精者なので、
バイトとかあまり頻繁にやってなかったんですけど、
当時もあっていまもある
「学徒援護会」の短期バイトで
肉体労働系の仕事で何万円かGETして、
その金を「貯める」のではなく
「玉砕」と称して
表に「お品書き」の出てない寿司屋に
学生の分際
で入る
みたいな無茶苦茶な「遊び」をする人が、
周囲にたくさんいたりする環境だったのです。

その一環として
「おっかなそうなスナックに一見さんとして飛び込みで入る」
ってのもあったんですよ。
学生の分際で。

そんなに何度も繰り返した記憶はないんですが、
とにかく強烈だったのは
多分、高田馬場近辺だったと思うんですけど
「いかにも」な感じの店に
「どんと行ってみよう」つって飛び込んだら
先にいらっしゃったお客様100%
「パンチ」みたいな。

うわっ!
ってなったんですけど
というか確か「先輩」に無理やり連れてこられた
のですが
先輩が
ここでビビッてすぐに退散してはならない
的なオーラを出しまくっていて
学生の分際でそこそこ「長居」して
最後はニコニコしながら
ソーッと店を出る
ってゆう流れだったような気がします。
「パンチ系」の皆様が順繰りにカラオケで歌ってて、
その時は「100%演歌」で
それもかなりマニアックな「ご当地ソング」が多かったです。
何だかやたらと拍手して歓声をあげてたんじゃないかなあ。
自分が唄ったかどうかの記憶もないですね。
とにもかくにも「トラブル」は無かったですよ。

ということで前回投稿は
パチンコ
をとりあげて
今回は
スナック
なんですけど、
パチンコはいろいろ
お上の規制が緩んだり厳しくなったりで
ちょっとこの先どんどん厳しくなりそうで
大変だろうなあ
と予想するのですが
スナックはどうなのか?
と。

スナックに関しては
「違法性」うんぬんかんぬんの
法律問題はほぼ無いと思います。

パチンコは「起業」という観点では
「誰にでも始められる」要素がほぼ皆無
なのに対して
スナックは
そこが真逆なわけです。

田園調布に家が建つ
みたいな儲け方は
難しいかもしれないけど
個々人の「力量」次第では
自分と周囲の親族くらいは
なんとか食べていけるくらいの
「経済力」が身に付く可能性もある!
しかし
ポシャったら露頭に迷う可能性もある!
ということで
水商売ってのはギャンブル要素満載なんですけど、
でもやはりその
スナックの最大の魅力は
「インディーズ」性ですね。

と、
「角のスナック」という
オリジナル曲を
昔の「バンド名義」で持っている
辻タダオがお伝えしました。
スナック万歳!
ですよ。
いやほんとマジで。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック