全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
とりあえず過密スケジュール一段落。
年末年始、
わりかし隙間なく
ライブやセッションで埋まってたんだけど、
とりあえず一段落。
昨晩は久しぶりのJAZZのセッションを
楽しんできました。
御一緒したのは皆
私より一回りくらい年下の方々でして
なんか「指導」的役回りも期待されていたようなのですが、
自分は「度胸経験勘」タイプなので
期待に沿えず恐れ入ります
みたいなw

というか
みなさん「JAZZ初心者」とおっしゃってましたが
全然そんな感じじゃなくて
初セッションでもがっつりハマってたので
これからネタをどんどん増やしましょう。

それはさておき、
デビッドボウイ逝く
のニュースは
衝撃的でした。

私は初期の作品は
リアルタイムで聴いてなくて
後から仕入れた感じで
そもそもロックを聴き始めたのが
中学以降「ロック好きの友達」に
教わって
という流れだったので
「同時代」感
だと、レッツダンスとかアンダープレッシャー
あたりなんですよね。

それはそれとして、
youtubeで色々聞いてみると
ほんとに幅が広いですね。
そこは痛感しました。

この世の者
ではないのではないのか?
という
「見た目」の圧倒的カッコよさも
持っていた人なので
そんな人でも逝ってしまうのか?
というような
儚さを覚えましたよ。
合掌。

で、話は別方向に飛んで、
年末年始過密スケジュール
だったんで
HDDに録ってあった「紅白」も
やっとおとといくらいに
「早回し」駆使で見ました。

で、何回か前の投稿でも
触れた
ベッキースキャンダルの当事者でもある
「下衆の極み乙女」ってゆうバンド
スキャンダル発覚後

生まれて初めてまともに見てみたんですけど、
何が凄いって
このバンド「プログレ」バンドだったんですね。
全然知らなかったので
ちょっと衝撃受けましたよ。
歌詞世界には
ついていけないところはありますけど、
バンドサウンドは悪くないと思う反面、
スキャンダル当事者の人を一目見て
わたしも「あ、金子千尋だ!」
って思いましたw
ま、なにはともあれ、
逆境をはねのけ
がんばってください
としか言い様がないっす。

紅白の全体の感想ですと、
かつての「恋敵」
マッチのギンギラギンにさりげなく
が圧倒的によかったっす。
ケジメなさい

愚か者
もそうなんですけど
「繰り返し」の
たたみこみ感が
カラオケで歌うと
実に楽しいのです。

あと、
なにかと「歌唱力」が取沙汰されがちなんすけど、
「超絶歌唱力」の人
が唄っても
絶対に面白くならない気がしますよ。
近藤真彦のヒット曲は。
いやほんとマジで。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック