全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
清原の思いで
というか、
まず思い浮かんだのは
つい最近やってた「名球会」のチャリティー試合で
右に左に打ち分けてマルチ安打してた姿。
さすがにいまだに野球上手いじゃん!
みたいな。

で、札幌以外の
ほぼ全球団の本拠地も巡ったし
かつては12球団オールOKの姿勢で観戦してたし、
少なく見積もっても200回以上は
プロ野球生観戦の経験がある自分として
「生清原」の思い出を探ろうとするんだけど、
意外と出てこない。
生涯525本のうち「現場」で見た記憶があるのは、
あの10・12「ブライアントの4打数連続本塁打」が出た
伝説のダブルヘッダーの第二試合の終盤
(私は仕事の都合でブライアント弾は見れず、
第二試合の途中に現地に駆けつけたのでした)
ほぼ大差で試合の趨勢が決していたところで、
清原らしく
右中間に打ち込んだ一発
のみ
なんですよね。

巨人時代、
私はどちらかというと
「松井の一発」目当てで
東京ドームにはわりとよく行ってました。

でその
松井&清原同時在籍時代に
よく「清原には松井にはない華がある」
みたいな論調で持ち上げられてた記憶があります。
そう言われればそうかもしれないんだけど、
なにかちょっと疑問だな、と。

簡単な話、
「せっかく球場に行ってもその場にいないじゃん!」
ってゆうことなんですよ。

大選手なんだけど
「怪我で欠場」が多過ぎた
ということですね。

TV画面を通した
「思いで」ってなるとそりゃまあ
あれだけの選手ですから
「すごい打球だなあ」ってのはたくさんありますけどね。
イーグルスの試合が終わって
スカパーザッピングしていて
たまたま見たオリックスー横浜戦の
逆転サヨナラ満塁ホームランは
やはり鳥肌ものでしたし、
あと10・19のあとの
中日ー西武の日本シリーズ、
名古屋で打った「場外ホームラン」とかね。

ま、たまたま
私が球場に行ったときに
「清原はいない」
「清原の一発はなかった」
ってだけのことなんでしょうけど、
いろいろな意味で
もったいなさすぎる選手でした、
としか言い様がないです。
いやほんとに
老若男女、有名無名を問わず
皆々様が異口同音にのべる
ごくありきたりな
そんな感想しか出てきませんねえ。

同じく覚醒剤で服役した江夏豊氏は
細々とでも野球に関わる仕事やってますし、
時間をかけてでも更生して欲しいものです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック