全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
人生いろいろライブハウスもいろいろ
昨晩は、
八王子びー玉さんでのライブでした。
ツイッターやFBでも書いたんで
重複する内容は省きます。

ライブハウスっていろいろなノリがあって
ステージ上の「出演者」と
客席にいる人
まあそれがまたほぼ全員その日の「出演者」
ってことも多いので
「お客様」って書かないんですけど、
とにもかくにも
ステージと客席で
「会話」が起きるってゆうお店もあります。
ステージとPA担当のマスターとかね。

ま、これは
構成かっちり決めて
ほぼ事前の計画どおりになんでもかんでもやる
ってゆうノリのお店では
そうそうある話じゃないですし
べつにそれはそれでいい
と思いますよ。

人生いろいろ
ライブハウスもいろいろ
ですよ。
ほんとにw

で、それはそれとして
客席とステージとの「会話」で
昨晩はわりかし「水商売」系というか
「下半身系」の話題が多かったんですよ。
詳細はそりゃ明かしません。
とにかく面白かったですよ。
悔しかったら現場に来い!
としか言い様がないですねw

まあ「野球」の話題もそこそこありましたけどね。

で、そんな流れのなかで
ステージ上の
k-奥田さんから
「タダオさんは女の人好きですか?」
とか
いきなり尋ねられたので
「そりゃ好きですよ
ノンケだし」
って反射的に応えたんですけど
そのとき
自分が「ノンケ」だとか
生まれて初めて
「口に出して」発音した気がします。
で、その後
二丁目のゲイバーとかに行くのは
それはそれで面白い
みたいな話になっていったんですけど、
まあとにかく
「不意に」
なにがおこるかわからない
ってのは楽しいですね。

まあ何が言いたいのかってえと
「LGBT」の人達への理解は
最大限持つべきだし
「LGBT」の人達の「結婚」する権利とかは
認めるべきだと思うわけです。

ただI am Not Abeが全然OK
なわけですから
i am Not LGBT
って言ってもOKでしょ余裕で。

最近のポリティカルコレクトだの
レイシズムだのの議論を見てると
そのへんが非常にあいまいな気がしますよ。

ぼくはホモとかゲイじゃないです
私はレズビアンじゃないです

「宣言」しても
レイシスト扱い?
みたいな。

いま君はLGBTではないかもしれないけど
この世は不確定性で満ち溢れているのだから
将来どうなるかなんてわからないだろ?
だのにそんな宣言なんかしたら
自分の人生の可能性を狭めてるんじゃないのか?
そんなことじゃ現代的で開明的な
ソフィスティケーテッドピープル
とは言えないな
みたいなことをネチネチ言ってきそうな予感満載!
みたいなw

そうゆうのには
わるいけど
そんな「勧誘」に乗るわけねーだろ!
としか言い様がないわけですw

これがもし「レイシズム」だってもし思うのであれば
理詰めで論破していただければ幸いです。

繰り返しますが
私は
LGBTの人達の「結婚」もアリだと思うし、
プーチン政権のように
LGBTの人達の「広告宣伝行為」をやめろ
とかは全然思いません。

ただ
シンプルに
「自分はLGBTではない」
「自分はLGBTに今後なる可能性は皆無である」
と宣言しても
怒ったり言論弾圧しないでね
と。

いやほんとただそれだけです。

LGBT問題に限らず
何事にも狂信的な人が多いご時世なので
ほんと「自由」を守るのは大変ですよね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック