全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
自分のような芸風だと
天変地異の際は
なんとも言い様がない。

熊本県の皆様、
お見舞い申し上げます。

ということで、
久々に時事ネタの文章書こう
と構想練ってたら
地震の報道が来て
全てがゼロになった。

いつものイーグルスネタも
3連敗
ということで
それも「後回し」にする。

時事ネタで触れようと思ったのは
パナマ文書の件なんだけど
簡単な話
オバマの言う、タックスヘイブン
「いまは合法なのかもしれないけど
そうゆう仕組みが問題なのであって
変えようよ」みたいなのは
全面的に賛同です、と。
どんどんやってください、と。

日本の反応が薄い件は
ま、そのうち反応せざるを得なくなるので
様子見ですね。

で、とりとめもなく
「芸風」の話に戻ろう。

最近、ライブに関しては
活動範囲が広がってきて
出会いも多いし
いろいろな刺激を得ることも多い。

そのうえで
自分自身というものを見つめ直すと
つくづく
「特に信念を持たないミーハーな小市民」
なんだなあ
と痛感。

そのことに
良心の呵責
を感じることもないし、
逆に
「ミーハーな小市民だ恐れ入ったか!」
と居丈高になるつもりもない。

穏やかな人

過激な人
に出会う。

穏やかで素敵な人だなあ
とか
過激でカッコいい人だなあ
とか
その都度思う。

でもまあ
やはり、「それはそれ」であって、
自分が
「今以上に穏やかにならねば」
とか
「今以上に過激にならねば」
等とは思わない。

人は人
自分は自分
なのは基本揺らがない。

ただ、
自分の殻に閉じこもるよりは
いろいろな人と交わって
「共同作業」で何かを生み出す
ってことを
出来る限りやった方がいい

特に細かい思考を駆使したわけでなく
ここ数年薄々感じ続けていて
実際、少しづつ「実行」に移している。

そうして、
「守備範囲」を広げていくと
広げれば広げるほど
いわゆる「人間関係」のストレスが
加速度的に増大していくんだろうなあ
ってのは
さすがに私も50過ぎの「中高年」なので
容易に予想がつく。

もうねそれに関しては
「攻めるときは攻める
引くときは引く」
って感じで臨むしかないような気がする。

全ては「結果オーライ」で
いいんじゃないかな。

年齢性別国籍
いろいろな事情があって
「いまは攻め時」
でガンガンいってる人もいるし
「いまはお疲れ気味」
で控え目になってる人もいるでしょう。

自分は若干後者に近いかもしれない。
ま、それは単に
「私生活上の諸事情」とか
諸々のことが絡んでるからなんだけど
でもすべては
「おれ自身の問題」
なんだと思う。

いまは「自営業者」になって5年、
という「私生活」上の立場なんだけど
「自営業者」と「会社員」との
最大の違いは
いわゆる「ロールモデル」というのか
「規範」の有無だと思う。
自営業者は
ロールモデルや規範を
自分自身たった一人で作り出さらなければならない。

ロックだパンクだ
フリージャズだ
アングラフォークだ
ってゆう
いろいろな方々と出会いつつも
何故こんなことを書くのかってえと
自分は
立身出世や名誉欲
みたいなものに
ある程度とらわれている
あるいはとらわれていた
「ミーハーな小市民」
だからだ。
そのへんのことは
小谷野敦氏が
男の根幹を成すものは名誉欲
みたいな感じで書いてて
実に本質を突いてるなあ
と思った。

もう
こうゆうのは
どうしようもないっす。

そのへんは
いろんな
「感情のせめぎあい」
のなかで
克服していくしかないっす。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック