全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
ジャンル対決の非難の応酬
ってことで
ピーターバラカンのBABY METAL批判で
盛り上がってますけど、
まあピーターバラカンであれば
そりゃ批判するだろう
という想像は容易につくので
特に驚きもしないし
腹も立たないし
躍起になってBABY METAL擁護の
論陣をはろう
なんてことも思わない。

ただその
ファンとかマニアとか評論家同士で
ジャンル間でガチで論争
とかもっとあってもいいんじゃないか、と。

「論争」で心が荒む
とか
考えないタイプの者なのでw

「批判は御法度」みたいな存在がいたら
その事態そのものが逆に怖いんですけど
と考えるタイプの者でもあるのでw

中森明菜ファンとして
松田聖子ファンと
どっちが凄いか論争
とか学生時代にやってたけど
べつにそれで仲たがいした記憶も無いし。

ビックバンドだと
ベイシー好き

エリントン好き
で意見が割れたりすることもあったけど
それで殴り合いとかになった記憶も無い。

一度だけ見たことのある
「音楽をめぐる殴り合い」は
ライブアンダーザスカイでマイルスのステージやってるとき
ビール飲み過ぎたどこかのおっさんが
ことあるごとに「マイルスのハゲー」と叫びつづけたために
血気さかんな若いマイルスファンが
「うるさいんだよてめえ」つって殴りかかった
あの場面のみ。
ちなみに加勢もしなければ止めもしませんでしたw

自分の場合
加齢もあるのか
「人間が丸く」なったのか
一部のユーロビート
が苦手なだけで
聴く分には「なんでもこい」状態なので
特に批判したい音楽ジャンルはないんですよね。
AKBの「売り方」に疑問は抱くけど
曲自体は頑張って作ってるんじゃないの?
と思うくらいだし。

ということなので
歳をとろうがなんだろうが
「嫌いなものは嫌い」
と言い続ける
ってのもある意味凄いことだと思う。

評論家とか言論人
ってのは
一度築いた「スタイル」を
そう簡単には変えないし
商売上「変え難い」って部分もあるだろうし
それを考えると
一ミュージシャンを名乗り
その時々でやりたいものをやり
つくりたいものをつくる
ってほうが全然気楽なような。

ということで
身を削る
よりは
お気楽な道を選ぶ辻タダオでしたw

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック